新しいものづくりがわかるメディア

RSS


先行機体に追従動作する——パナソニック、追従型ロボティックモビリティ「PiiMo」発売

パナソニック プロダクションエンジニアリング(以下PPE)は自動停止機能や自動追従機能を備えたロボティックモビリティ「PiiMo」を2020年11月に発売する。

パナソニックとWHILLは、2015年から超高齢化社会における移動をサポートするためのロボット型電動車いすを共同開発している。パナソニックはWHIILのパーソナルモビリティ「WHILL」をベースにした独自の安全技術、制御技術を搭載したロボティックモビリティを開発し、空港などでさまざまな環境での実証実験を実施してきた。今回、PPEはWHILLのパーソナルモビリティの供給などに関する契約締結に合意し、PiiMoの販売を開始する。

PiiMoは、センサーによって得た周辺情報を基に、衝突の恐れがあると判断すると自動停止する自動停止機能、および前方モビリティのマーカーを後方モビリティが検知して正確に追従する自動追従機能を持つ。例えば先頭の1台をスタッフが操作し、後続のモビリティが自動追従することで、安全に効率よくグループの移動をサポートできる。

また、Wi-Fi接続によってモビリティ同士の無線通信も可能で、後方で取り残しした場合や後方モビリティからの停止リクエストなどに対応できる。

主な仕様は、本体重量が70kg、外形寸法が592×1046×870mm、最大搭載重量が100kg、最高速度が時速4km、連続走行距離が約16kmだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る