新しいものづくりがわかるメディア

RSS


風力を利用する大型自動車運搬船「Oceanbird」——海上輸送をもっとクリーンに

スウェーデンのコンソーシアムが2020年9月、自動車運搬用の巨大帆船「Oceanbird」を発表した。最大積載台数は7000台で、風力を利用して大西洋を12日間かけて横断する。

Oceanbirdは、海運事業からの二酸化炭素排出量を削減するために、船舶設計会社Wallenius Marine、KTH(スウェーデン王立工科大学)、海洋調査会社SSPAらによる共同プロジェクト「wPCC(wind Powered Car Carrier)」から生まれた船だ。

船上にそびえる5本の帆は、スチールと複合素材でできており、帆というよりは飛行機の翼のようだ。これは空力技術と造船技術の融合の結果としている。360度回転してどの方向からの風も受けられるため、従来のディーゼルエンジンと比べて、二酸化炭素排出量を90%削減できる。帆の長さは80mで、水面から帆の先端までは105mになるが、伸縮構造により45mまで短くできる。

船体の長さは200m、幅は40mで、平均速度は10ノット(約18.5km/時)だ。安全対策としてクリーンエネルギーを使った補助エンジンも備える。2021年に受注を開始し、2024年に出荷予定だ。まずは貨物船として航行するが、このコンセプトはクルーズ船などさまざまな船に応用できるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  4. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  5. ゴムのように柔軟、250℃にも耐える——XYZプリンティングから光造形レジン2種
  6. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  7. 金属3Dプリンティングで問題となる空孔の発生過程を解明——不安定なキーホールの「崩壊」が原因
  8. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る