新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリント、レーザー刻印/カッティング、CNC彫刻が1台で——「Snapmaker 2.0」が発売

VANLINKSは、2020年12月1日にSnapmaker製「Snapmaker 2.0」の日本での販売を開始すると発表した。

Snapmakerは、3Dプリントとレーザー刻印/カッティング、CNC彫刻の機能を備えた3Dプリンターで、2017年3月に登場した「Snapmaker」の後継機に当たる。

国内での販売に先立ち、2019年にKickstarterでプロジェクトを実施。開始後1分以内で目標金額を達成し、最終的に785万ドル(約8億5300万円)を調達した。また、2020年1月にはCES 2020のイノベーションアワードも受賞している。

モジュラーデザインの採用により容易に組み立てられるだけでなく、オプションモジュールの追加でさまざまな機能を使用可能だ。

3Dプリンターモジュールには、自動キャリブレーションと、一時給電停止時のワーク続行機能などを搭載。積層ピッチは50~300μm、ノズル温度は275℃で、対応素材はPLA/ABSのほか、PETG/TPU/樹脂などにも対応している。

レーザーモジュールはレーザー刻印とカッティング機能を有しており、レーザー出力は1.6Wだ。カメラを内蔵しており、デザインのプレビューもできる。

CNCモジュールはシャンク直径0.5~6.35mm、スピンドル速度は6000~1万2000RPMだ。木材や炭素繊維シート、玉などに加え、アクリルやPCBなどにも刻印できる。

サイズバリエーションはA150、A250、A350の3種類を用意しており、最もサイズの大きいA350の造形サイズは320×350×330mmとなる。価格はA150が14万9800円、A250が19万8000円、A 350が24万9800円(価格は全て税抜)で、日本公式ストアでは予約を受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  4. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  5. ゴムのように柔軟、250℃にも耐える——XYZプリンティングから光造形レジン2種
  6. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  7. 金属3Dプリンティングで問題となる空孔の発生過程を解明——不安定なキーホールの「崩壊」が原因
  8. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る