新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Formlabs、歯科/製造/エンジニアリング向けの新レジン「Rigid 10K Resin」と再開発した「Draft Resin」を発表

Formlabsは2020年10月30日、新レジン「Rigid 10K Resin」と、再開発した「Draft Resin」を発表した。

Rigid 10K ResinはFormlabsの素材の中で最も剛性が高く、熱可塑性プラスチックをシミュレート可能な剛性を有している。また、耐熱性と耐薬品性にも優れており、大きな負荷への耐性が必要な産業用精密パーツに適している。

造形後の表面は滑らかでマットな仕上げとなり、適した用途として同社は射出成形金型マスターやインサート、空力性能の試験用モデル、治具/固定具などを挙げている。

一方のDraft Resinは、既存のレジンよりも微細な造形を可能にしつつ、標準素材の最大4倍の速度で造形可能なことが特徴だ。新たな色はグレーとなり、配合の見直しによって表面仕上げの質が向上、後処理工程が改善されている。

歯科矯正に用いる、アライナーやリテーナーなどのモデルを20分以内に造形できるため、歯科矯正業務における迅速な納入を可能とする。9時間48分で8個のモデルを造形する既存のGray Resinに比べ、Draft Resinは1時間30分で同じ作業を完了できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  4. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  5. ゴムのように柔軟、250℃にも耐える——XYZプリンティングから光造形レジン2種
  6. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  7. 金属3Dプリンティングで問題となる空孔の発生過程を解明——不安定なキーホールの「崩壊」が原因
  8. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る