新しいものづくりがわかるメディア

RSS


壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021

無線周波数技術を使って壁の中をスキャンし、壁の中にある物体を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」が、ラスベガスで開催された国際見本市「CES2021」でイノベーションアワードを受賞した。

開発元のVayyar Imagingはイメージングセンサーを開発し、自動車やホームセキュリティーなどの分野で製品展開しているイスラエルの企業。「Walabot」は同社が手掛けるコンシューマー向け製品だ。CES2021ではWalabot DIY 2だけでなく「Automotive Solution」と「Vayyar Home」の2製品でもイノベーションアワードを受賞している。

Walabot DIY 2は、壁の中を最大4インチ(約100mm)まで可視化できるデバイスだ。乾式壁のほか、ラス下地にしっくいで塗装した壁の中にあるくぎや配管、電線の位置を検出できる。壁の中に隠れているネズミなどの動きを検出することも可能だという。

Walabot DIY 2の使い方は、スマートフォンとワイヤレス接続して壁に押し当てるだけだ。AndroidとiOSに対応し、バッテリーなしで動作する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  7. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  8. 自分に似合う髪型をAIが提案——「AI Stylist」にシミュレーション機能追加
  9. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る