新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Shiftall、SteamVR用のフルボディトラッキング機器「HaritoraX」を共同開発

VRメタバース内で握手するShiftall代表の岩佐氏(左)とizm氏(右)のアバター

Shiftallは2021年2月19日、SteamVR用フルトラッキングシステム「Haritora」の後継機「HaritoraX」の開発を発表した。

HaritoraXは本体以外に追加機器を必要としない、安価かつ省スペースのモーショントラッキング装置だ。腰部/脛部/腿部に取り付けて使用し、Oculus Quest 2、Oculus Rift SなどのVRゴーグルと組み合わせることで、足や腰を含めた全身の動きをVR空間上に反映できる。この状態でVR空間に没入することをフルトラッキング(フルトラ)と呼ぶ。

HaritoraXの開発は、初代モデル(Haritora)を個人で開発したizm氏と共同で実施される。Haritoraは5つのIMU(加速度/地磁気センサー)を使って下肢部の動きをセンシングし、高いトラッキング性能を達成。接続には汎用規格のBluetoothを用いることでコストを抑えている。

後継機となるharitoraXの開発プロジェクトは、Shiftall代表の岩佐琢磨氏と、Haritora開発者のizm氏がVRChat内で出会ったことに端を発する。Haritoraはizm氏の個人活動で短期間に300台超を販売しており、より多くの人にフルトラ環境を届ける状態(フルトラの民主化)を目指すべく、協業の検討が開始された。Shiftallが持つ量産品開発/製造ノウハウで、後継機となる量産モデルの共同開発を行うことで合意した。

HaritoraXの予定仕様を公開しており、バッテリーには内蔵リチウムイオンバッテリーを使用、連続使用時間は7時間以上となる予定。充電方法にはUSB Type-Cを利用し、外部電源から給電しながらの利用にも対応する。対応プラットフォームはSteamVR(Windows 10)で、付属品として装着用の下半身スーツとUSBケーブルが付属する。

2021年春~夏頃の発売を目標とし、価格は3万円未満を予定している。2月19日に初回ロットの優先予約フォームをオープンし、購入希望者を募っている。フォームの登録には予約費等は発生せず、キャンセルも可能だ。

また、2月20日より開始されるバーチャル空間内展示会「クロスマーケット2」でのVR空間内広告を実施している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  4. 産業用パソコンを手軽にIoT化——ソラコム、「SORACOM Onyx LTE USBドングル」発売
  5. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  6. スイスの企業がハイブリッドeVTOL/eSTOLのプロトタイプを開発
  7. micro:bitで小型モーターを回そう——RSコンポーネンツ、「DFRobot 開発キット」発売
  8. 最高時速620km——中国が新型リニアモーターカーの試作機を公開
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る