新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」

ミニ四駆にスマートフォンでコントロールできるステアリング機構を後付けするミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」がkibidangoでプロジェクトを開始した。

photo

ESPレーサーは、従来直進しかできないミニ四駆をラジコン操作で前後左右に自在に動かせるようにするキットだ。スマートフォンと通信するためのマイコン「ESPコントロール基板」と、ミニ四駆を左右に曲がるようにするための「ステアリングパーツ」から構成されている。「bCoreレーサー」として提供していたキットのバージョンアップ版となる。

photo

今回、ラジコン操作するためのWebアプリにプログラミング機能を追加。JavaScriptを使ったプログラミング走行も可能だ。また、コントロール基板も、通信モジュールにESP32を採用したり、電源回路を強化したりするなどの改良を施した。ESP32開発ボードをベースに基板設計しているためArduinoと同じ要領で開発でき、さまざまなセンサーを取り付けての自動走行なども可能になるという。

photo
photo
photo

kibidangoでは目標金額70万円で、2021年3月30日までプロジェクトを実施中。支援およびリターンは、【早割 10%OFF】ワイルドミニ四駆専用 「ESPレーサー」キット 1セット8800円、【早割 10%OFF】MAシャーシ専用 「ESPレーサー」キット 1セット8800円、【早割Wセット割 18%OFF】ワイルドミニ四駆とMAシャーシそれぞれ1台ずつ1万6000円(いずれも税込)などが用意されている。

2021年3月3日時点で、約11万円の支援が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る