新しいものづくりがわかるメディア

RSS


7画面ノートパソコンのプロトタイプが登場——4Kディスプレイを4面搭載

Expanscape

英Expanscapeが、折りたたんで持ち運べる7画面ノートパソコン「Aurora 7」のプロトタイプを発表した。

Aurora 7は17.3インチのメインディスプレイに加え、メインディスプレイ背後から左右両サイドと上部にスライド展開する17.3インチディスプレイを3面備えている。メインディスプレイの横に配置されるディスプレイは縦型、上部のディスプレイは横型の配置となる。いずれのディスプレイも4K UHD(3840×2160)で、60Hzで動作する。その他にWUXGA(1920×1200)7インチディスプレイを3面搭載。メインディスプレイの両サイドに配置される縦型ディスプレイの上部にそれぞれ1面ずつ、そしてキーボード右下のパームレストに1面が配置されたデザインだ。

Aurora 7のプロトタイプは、CPUにIntel Core i9-9900K(8コア/16Mキャッシュ)を、GPUにNvidia GeForce GTX 1060を採用している。7画面でプログラムを同時に実行させることを想定し、RAMはDDR4 2666MHz 64GBを搭載。M.2 SSDスロットと2.5インチSATAスロットがそれぞれ2基あり、最大でSSD×3(1TB×2、500GB×1)とHDD×1(2TB)を搭載できるようだ。

折りたたんだ状態の大きさは510×340×110mm。全てのディスプレイを開いた状態の最大幅は960mmで、高さは590mmだ。バッテリー駆動も可能で、82Whバッテリーと148Whバッテリーを搭載するデュアルバッテリー方式だ。通常の使用条件下ではバッテリー駆動で最大1時間程度使えるようだ。総重量は約12kgと持ち運びするには重たいが、同社はさらなる軽量化を図っていきたいとしている。

Aurora 7プロトタイプの販売は問い合わせベースで対応するが、プロトタイプ開発中であるため、価格を含め秘密保持契約(NDA)締結が必要となっている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る