新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発

RC Ornithopter/YouTube

ロシアのエンジニアが、トンボにヒントを得たオーニソプター(羽ばたき式飛行機)「Serenity」を開発し、飛行する様子を撮影した動画をYouTubeで公開した。ラジコンの操縦器のような機器を手元に持ったエンジニアが操縦し、離陸から数分間の飛行、そして着陸までを成功させている。

Serenityは全長10フィート(約3m)で、3組6枚の翼を備え、羽ばたく動作に必要な装置、リンク機構、ワイヤー、バッテリーも搭載している。

現代の航空機は前方へ動き続けることで翼に対する揚力を生み出し、空中にとどまることができる。通常はジェットエンジンかプロペラによる推力が原動力だ。しかし、いずれの場合も発生する騒音は非常に大きい。公開されている複数のSerenity飛行動画を見ると、ジェットエンジンに比べればSerenityは騒音を大幅に低減できる可能性はあるが、多少の羽音は聞こえており、これを騒音ととらえるかどうかは人によりそうだ。

Serenityは翼を動かすことで揚力を発生させているが、空中でホバリングすることはできないし操縦性能も限られている。羽ばたき式飛行機は技術的にはホバリングが可能なので、ヘリコプターのような高い機動性を実現できれば現実的な利用も見えてくるだろう。サイズを拡大すれば人が乗ることも可能かもしれないが、現時点では効率性が悪く翼の動きにより揺れが発生するため旅客機としての役割には程遠い。しかし、Serenityの開発余地は大いにあり、エンジニアらの夢は膨らむようだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  5. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  6. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  9. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る