新しいものづくりがわかるメディア

RSS


神戸大学大学院 塚本昌彦インタビュー

雌伏14年の伝導師が語る、ついに来たウェアラブル時代

スマートフォンの次に来るデジタルデバイスは何か? 明確ではないものの解答らしきひとつの世界が見えて来た。Google GlassやApple Watchに代表される、身につけられるコンピュータ、ウェアラブルデバイスがそれだ。
昨今、Google、Apple、Microsoftといったデジタル界の巨人たちが動きだし、この世界は一気に活性化。2015年1月に東京ビッグサイトで開催された「第1回 ウェアラブルEXPO」には大勢の人々がおしかけ、勢いは増すばかり。ウェアラブル世界の現状と将来を最先端の研究者に聞いた。(撮影:加藤甫)

一気に花開くウェアラブル市場

「ウェアラブル、来てますね~」

開口一番、神戸大学大学院工学研究科の塚本昌彦教授はこう切り出した。
教授は、14年前に自らHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着した日常生活を始め、今も「ウェアラブルの伝導師」を自認する第一人者だ。

「2012年にGoogle Glassの開発が発表され、その後、Apple Watch、MicrosoftのHoloLensと続いた。一気に市場が花開く、そんなムードが醸成されてきました。日本の日立、東芝、富士通といった大手企業も工場の生産ラインや倉庫、店舗などで使う業務用HMDの開発に取り組むようになった。展示会にたくさんの人が集まり、マスコミの注目度が高かったのも、そんな雰囲気の現れだったのではないでしょうか」

教授は、2001年から毎年のように「来年こそはウェアラブルの年になる」と言い続けて来たそうだ。

14年、待ちに待ったウェアラブル時代の到来を語る塚本教授。伝道師としては感無量だろう。 14年、待ちに待ったウェアラブル時代の到来を語る塚本教授。伝道師としては感無量だろう。

「まあ、10年以上前に『次はSNSの時代になる』といったところで誰にも理解されない。今から思えば同じようなことだったかもしれない。でも、これでやっと孤独な時代が終わりそうです」

HMDをかけた目が笑っている。

「正直、こんなに長くかかるとは思いませんでした。技術的には当時でもできていましたから。ただ、HMDなどはデバイスとは別にノートパソコンを持たなくてはならず、装備もたいへんだった。今は小型で高性能。はるかに軽くなった」 

新デバイスは日本が先導するはずだった

2001年当時、教授は画期的なウェアラブルデバイスは日本企業から誕生すると考えていた。

「日本は1980年代、90年代、デジタルデバイスを積極的に開発していました。電子手帳やデジタルカメラなどがそう。ゲーム機もその範ちゅうに入るかもしれません。家電、コンピュータ業界全体に積極的に新しいものを作ろうという気運があった。しかし、ここ十数年、経済の停滞とともに新しいものを作らなくなった。『失敗しちゃいかん』という気持ちが先に立ち、ネガティブマインドがまん延してしまった。残念です」

この間、チャレンジした日本企業もあったという。しかし長期的に成功する企業は現れなかった。 

インタビュー中にも、HMDの画面には必要な情報が表示されている。 インタビュー中にも、HMDの画面には必要な情報が表示されている。

「一度やって失敗して、撤退していく。このパターンが多かった。私からすれば戦略が間違っていたと言わざるをえない」

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る