新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:転載記事の記事一覧

目に見えない微細破壊も検出できる——新しい3Dプリンティング技術で「スマートな機械部品」の作成に成功

目に見えない微細破壊も検出できる——新しい3Dプリンティング技術で「スマートな機械部品」の作成に成功

ユナイテッド・テクノロジー社研究センター(UTRC)とコネチカット大学(UConn)の共同研究チームが、新しい3Dプリンティング技術を用いて、破損や摩耗を自己検知できるスマート機械部品の作製に成功した。半凝固状の金属インクをノズルから押し出して微細な電気回路を造形する「Direct Write Technology」を活用したもので、研究成果は『Additive Manufacturing』誌の2…

ニュース | 2018/09/10 08:30

空飛ぶ車「CityHawk」、有人飛行に向け本格的な開発へ

空飛ぶ車「CityHawk」、有人飛行に向け本格的な開発へ

イスラエルのUrban Aeronauticsは2018年7月23日(現地時間)、eVTOLフライングカー「CityHawk」の本格的な開発の開始を発表した。翼のないユニークな形状と6自由度の自在な飛行を特徴とする。Urban Aeronauticsの子会社Metro Skywaysが開発し、2021~2022年に最初の有人飛行を行う予定。

ニュース | 2018/09/07 08:30

エアバス、金属3Dプリントによる航空機部品製造を拡大

エアバス、金属3Dプリントによる航空機部品製造を拡大

航空機製造にとって3Dプリントはもはや欠かせない技術となっている。ヨーロッパの大手航空機メーカー「エアバス」の新鋭機「A350 XWB」では、客室内の部品の他、パイロン(翼の下にエンジンなどを取りつけるための支柱)など機体のチタン製構造部品も3Dプリント技術で製造されている。3Dプリント技術で製造された部品は、従来から製造方法で作られたものより30~55%軽く、製造期間も短縮される。また、一般的に…

ニュース | 2018/07/26 08:30

5倍にも伸びてわずかな歪みも検知できる導電性繊維——スマート衣料やロボット用人工神経への応用も

5倍にも伸びてわずかな歪みも検知できる導電性繊維——スマート衣料やロボット用人工神経への応用も

スイス連邦工科大学ローザンヌ校は、細く、弾力性があり、電極やナノコンポジットポリマーなどを埋め込むことのできる繊維を開発した。この繊維はエラストマーでできており、光ファイバーと同じ熱延伸加工で作られている。5倍まで引き延ばしても元に戻る弾力性があり、わずかな圧力や歪みを検出することができるという。この繊維は、スマート衣料(導電性のある素材を用い、心拍数や姿勢などの生体情報を収集する衣料)や、ロボッ…

ニュース | 2018/07/03 08:30

3Dプリンターで創傷を治療——バイオインクを使って皮膚組織を形成する携帯型スキンプリンター

3Dプリンターで創傷を治療——バイオインクを使って皮膚組織を形成する携帯型スキンプリンター

カナダのトロント大学応用理工学科のAxel Guenther准教授と博士課程学生のNavid Hakimi氏は、サニーブルック病院のMarc Jeschke博士らと協力して、創傷を覆う皮膚組織層をプリントするハンドヘルド型3Dスキンプリンターを開発したと発表した。怪我の応急措置が必要な現場で2分以内に組織を形成することができるという。研究成果は『Lab on a Chip』に論文「Handheld…

ニュース | 2018/06/26 08:30

レーザーエネルギー伝送で飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」

レーザーエネルギー伝送で飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」

ワシントン大学の研究チームが、ワイヤレスで飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」を製作した。レーザーにより電力を供給し、ローターではなく翅(はね)を羽ばたいて飛行するロボットだ。ハエより僅かに大きいサイズで、ドローンでは入り込めないような、小さな場所にも侵入できる可能性がある。研究成果は、ブリスベーンで開催された「ロボットと自動化に関する国際会議」で、2018年5月23日に発表された。

ニュース | 2018/06/14 08:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る