新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:電子工作の記事一覧

今さらきけない「ラズパイってなんですか?」

第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

これまで解説してきた通り、Raspberry Piには「GPIO」というインターフェースが備わっており、これを経由していろいろな電子パーツを制御できるようになっています。前回はGPIOにLEDを接続して光らせる「Lチカ」について解説しましたが、ここでも使われているのが「電子回路」です。電子回路を構成するために使うパーツはさまざまなものがありますが、基本となるのは以下のようなパーツです。

ものづくりラボ | 2022/11/29 07:00

昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

なんでもスマホのタッチパネルで完結してしまう今の時代。逆に物理的な装置をガチャガチャと操作したい欲が高まっているのは、自分だけではないはずだ! たまに想像してしまう。スマホが存在しない世界線、単機能の装置がそれぞれ独自の進化を果たしていたとしたら? たとえば電車の路線検索。昔は紙の時刻表を見ていたけれど、あれが順当に進化すると「路線検索できる専用ガジェット」が生まれていたのではないか。そういう…

ものづくりラボ | 2022/11/24 07:00

ギャル電きょうこの意識の低い工具入門

ホットボンドは永遠じゃない。でもこれほど使えるものはない #ギャル電きょうこの意識の低い工具入門

ホットボンドは永遠じゃない。でもこれほど使えるものはない #ギャル電きょうこの意識の低い工具入門

路上の電子工作伝道師、ギャル電のきょうこさんが、電子工作初心者に工具の大切さを伝える「ギャル電きょうこの意識の低い工作入門」。ニッパーにはんだごてときて、今回はなんと「ホットボンド」。日常生活であまり見かけないホットボンドですが、実は結構奥が深いもののようで、きょうこさんは鼻息荒く話し始めます。

ものづくりラボ | 2022/11/01 07:00

今さらきけない「ラズパイってなんですか?」

第10回 ラズパイでLチカって何ですか

第10回 ラズパイでLチカって何ですか

ラズパイやArduino関連のWebサイトや本を見ていると、よく登場するのが「Lチカ」です。Lチカとは「LEDをチカチカさせる」という言葉の略称で、つまりはLEDを点滅させることなのですが、簡単なプログラムを組むだけで実行できる上、ある程度の達成感を得られるのでいろいろな媒体で紹介されるのでしょう。筆者もラズパイをいじりだした最初の頃は、このLチカができただけで「おー!」と感激したことを思い出しま…

ものづくりラボ | 2022/10/27 07:00

「Starlink」衛星のビーコン信号を探知するガジェット——Ku帯の信号を受信して変換処理

「Starlink」衛星のビーコン信号を探知するガジェット——Ku帯の信号を受信して変換処理

米SpaceXの「Starlink」衛星からの信号を検出するガジェットを、Raspberry Pi公式ブログが紹介している。衛星インターネット接続はできないが、パラボラアンテナで使われる部品を介して、Starlink衛星が発するKu帯のビーコン信号をキャッチする。

ニュース | 2022/10/26 07:30

二足歩行ロボットのキット製作から電子工作を学ぶ書籍「キットではじめるロボット電子工作」

二足歩行ロボットのキット製作から電子工作を学ぶ書籍「キットではじめるロボット電子工作」

工学社が、キット製作を通じて電子工作の方法を学べる書籍「キットではじめるロボット電子工作」を2022年10月26日に発刊する。本書では、二足歩行ロボットキット「SainSmart 17-DOF」、ロボットハンド、距離計、ボイスチェンジャーなどを電子工作するやり方を解説している。

ニュース | 2022/10/20 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る