新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:新技術の記事一覧

MITが研究進めるロボットに触覚を与えるセンサー「GelSight」

MITが研究進めるロボットに触覚を与えるセンサー「GelSight」

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は8年前から、ロボットアームに取り付けることで触覚をもたらすセンサー「GelSight」の研究を進めている。MITは2017年6月5日、同大学の研究チーム2組が国際会議「International Conference on Robotics and Automation」において、GelSight関連の研究成果を披露したと発表した。

ニュース | 2017/07/19 08:30

即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発

即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発

慶應義塾大学は、ラピッドプロトタイピングのためのインタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発した。従来のデジタルファブリケーションツールと比べ、やり直しが出来るうえに出力が早いというメリットがある。

ニュース | 2017/05/25 14:30

乾いた空気から水を絞り出す——UCバークレーとMIT、太陽光のみを使う水生成装置を開発

乾いた空気から水を絞り出す——UCバークレーとMIT、太陽光のみを使う水生成装置を開発

カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)とマサチューセッツ工科大学(MIT)の共同研究チームが、太陽光のみで作動して水を捕集するデバイスを開発した。金属有機構造体と呼ばれる多孔質材料を用い、乾燥した地域と同等の湿度の空気から水を吸着、太陽光を利用して1日数リットルの水を生成することに成功した。研究成果は、4月13日付で『サイエンス』に公開されている。

ニュース | 2017/05/17 12:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る