新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:設計・開発の記事一覧

可動部を持たない飛行機——MIT、イオン風で飛ぶ飛行機を開発

可動部を持たない飛行機——MIT、イオン風で飛ぶ飛行機を開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、プロペラやタービンブレードなどを使わず、イオン風で推進する小型飛行機を作製し、飛行させることに成功した。推進システムに可動部を持たない非常にシンプルな航空機だが、これまで実際に飛行できるイオンクラフトは開発されていなかったという。研究成果は、2018年11月21日付けの『Nature』に掲載されている。

ニュース | 2019/01/11 08:30

発電と冷房を同時に実現——太陽光で発電しビルを冷却する屋上設置型デバイスを開発中

発電と冷房を同時に実現——太陽光で発電しビルを冷却する屋上設置型デバイスを開発中

スタンフォード大の研究チームは、太陽光によって発電すると同時に、熱を直接大気に放出してビルの温度を下げることができる屋上設置型デバイスを開発している。研究成果は2018年11月8日付けの『Joule』誌に掲載されている。

ニュース | 2019/01/08 09:30

太陽エネルギーで無限に飛び続けられる——翼長74mの軽量無人飛行機「Odysseus」

太陽エネルギーで無限に飛び続けられる——翼長74mの軽量無人飛行機「Odysseus」

米Boeingの子会社Aurora Flight Sciencesは2018年11月14日、太陽光だけで飛行する無人飛行機「Odysseus(オデュッセウス)」を発表した。成層圏を長時間飛行する高高度擬似衛星で、気候変動や天候に関連した観測を行うことができる。初フライトは2019年春を予定している。

ニュース | 2019/01/07 11:30

電荷を繊維に「刺繍」する——スマートウェア向けにフレキシブルで軽量な電源を開発

電荷を繊維に「刺繍」する——スマートウェア向けにフレキシブルで軽量な電源を開発

ヘルスケア用途などに利用されるウェアラブルバイオセンサーにとって、軽量かつ長寿命の電源が重要な開発アイテムとなっている。マサチューセッツ大学アマースト校の研究チームは、「あらゆる衣類に電荷を保存できるパターンを刺繍する」手段を開発したと発表した。研究成果は、『ACS Applied Materials & Interfaces』誌オンライン版に掲載されている。

ニュース | 2018/12/28 11:00

実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで

実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで

「フードプリンターが登場!」「未来の食事は3Dプリントされる」なんてニュースを目にしたことがあるでしょうか。食品の3Dプリントは定期的に話題となり、商品化されている機種もあるようですが、実用的なものを目にすることはなかなかありません。ぜひ一度は味わってみたいものだと思っていた折、国内で「飴を出力する3Dプリンター」の開発に成功したといううわさを耳にしました。これは実食させてもらうほかありません!

ものづくりラボ | 2018/12/13 07:30

バッテリーを使わずに使用履歴をWi-Fi送信できる3Dプリントデバイス

バッテリーを使わずに使用履歴をWi-Fi送信できる3Dプリントデバイス

米ワシントン大学の研究チームは、義手などアシスティブテクノロジー(支援技術)向けに、バッテリーや電子機器を使用せずに使用履歴をワイヤレスで保存/送信できる3Dプリントデバイスを開発したと発表した。研究成果は2018年10月14日~17日、独ベルリンで開催された「ACM Symposium on User Interface Software and Technology(UIST)2018」で発表…

ニュース | 2018/12/06 08:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る