新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:研究の記事一覧

慶應義塾大学、プラスチックシートに空気を入れて強固なプロトタイプを作れる新技術「BlowFab」を開発

慶應義塾大学、プラスチックシートに空気を入れて強固なプロトタイプを作れる新技術「BlowFab」を開発

ERATO 川原万有情報網プロジェクトのチームは、国際会議「UIST2017」において、空気を注入して強固なプロトタイプを作れる新技術「BlowFab」を発表した。レーザーカッターでカットしたシートを膨らませて硬化させ、再加熱するとフラットなシートに戻り再利用できる。

ニュース | 2017/11/02 16:30

MITが研究進めるロボットに触覚を与えるセンサー「GelSight」

MITが研究進めるロボットに触覚を与えるセンサー「GelSight」

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は8年前から、ロボットアームに取り付けることで触覚をもたらすセンサー「GelSight」の研究を進めている。MITは2017年6月5日、同大学の研究チーム2組が国際会議「International Conference on Robotics and Automation」において、GelSight関連の研究成果を披露したと発表した。

ニュース | 2017/07/19 08:30

個性や知性こそ、「AIやロボットによる失業」への対抗策に。米研究チームが報告

個性や知性こそ、「AIやロボットによる失業」への対抗策に。米研究チームが報告

「人工知能(AI)やロボットによって人間の仕事が奪われるのではないか」と懸念する声が目立つようになってきた。そうした声に対してアメリカのある研究チームが、個性や知性、芸術・科学への関心といった要因を持つ人材であれば、AIやロボットによって仕事を奪われる心配は少ないという研究成果を披露した。

ニュース | 2017/06/14 08:30

即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発

即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発

慶應義塾大学は、ラピッドプロトタイピングのためのインタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発した。従来のデジタルファブリケーションツールと比べ、やり直しが出来るうえに出力が早いというメリットがある。

ニュース | 2017/05/25 14:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る