新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:学習・教育の記事一覧

Micro:bit教育財団CEO来日、その戦略とSTEM教育の現状を語る

加速する期待と不安——2020年、日本のプログラミング教育は本当にスタートできるのか?

加速する期待と不安——2020年、日本のプログラミング教育は本当にスタートできるのか?

小学校でプログラミング教育が必修化される2020年が迫っている。さまざまな教材が登場する中、2016年に登場した「micro:bit」(正式名称は「BBC micro:bit」)はSTEM教育用マイコンボードとして、日本の教育関係者にも確実にその名が知られるようになった。2018年10月末、事業の母体となるMicro:bit教育財団(Micro:bit Educational Foundation…

トピックス | 2019/01/09 07:30

試行錯誤を重ねてプログラミング的思考を育成——4足歩行ロボットキット「ファブウォーカー」

試行錯誤を重ねてプログラミング的思考を育成——4足歩行ロボットキット「ファブウォーカー」

イーケイジャパンが4足歩行ロボットキット「ファブウォーカー」を2018年12月下旬に発売予定だ。4本の足にあたる部分はあえてキットに同梱されておらず、試行錯誤を重ねながら考えることで、プログラミング的思考を育成することを狙いとしている。

ニュース | 2018/12/10 11:30

小学校に無料プログラミング教材を提供——ベネッセ、「コンピュータサイエンス教育週間2018」を応援

小学校に無料プログラミング教材を提供——ベネッセ、「コンピュータサイエンス教育週間2018」を応援

ベネッセが「コンピュータサイエンス教育週間2018」への取り組みを展開。同社が無料公開しているScratchアプリ「プログラミングステップゼロ」を利用し、戸田南小(埼玉県)の小学3年生がプログラミングを体験する。

ニュース | 2018/12/10 10:30

4つの施策でスタートアップをサポート——福岡市のスタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」がリニューアルオープンへ

4つの施策でスタートアップをサポート——福岡市のスタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」がリニューアルオープンへ

Fukuoka Growth Nextが2019年5月31日にリニューアルオープンする予定だ。グローバルアクセラレーターとの連携やスタートアップファンドの組成、ハンズオン/エンジニア育成プログラム提供といった施策を通じ、市のスタートアップをサポートする。

ニュース | 2018/11/30 09:00

遊びながら「理系力」を磨ける——「電脳サーキット」シリーズの第8弾「電脳サーキット・プレイ」発売へ

遊びながら「理系力」を磨ける——「電脳サーキット」シリーズの第8弾「電脳サーキット・プレイ」発売へ

サイエンス玩具研究所は「電脳サーキット」シリーズの第8弾となる「電脳サーキット・プレイ」を発売する予定だ。専用パーツを使用した遊びを通じて、子供の「理系力」を目覚めさせることを目的としている。

ニュース | 2018/11/12 13:00

プログラミング環境/言語をアップデート——技術評論社、「これからはじめるプログラミング基礎の基礎」改訂第3版発刊へ

プログラミング環境/言語をアップデート——技術評論社、「これからはじめるプログラミング基礎の基礎」改訂第3版発刊へ

技術評論社は、「これからはじめるプログラミング基礎の基礎」の改訂第3版を発刊する予定だ。文中で取り上げる例示やプログラミング環境/言語をアップデートし、より理解しやすくなるよう配慮している。

ニュース | 2018/10/29 10:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る