新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:学習・教育の記事一覧

暗くなったらLEDが光る——Scratchで遊べる簡単センサーボード「いぬボード」

暗くなったらLEDが光る——Scratchで遊べる簡単センサーボード「いぬボード」

スイッチエデュケーションは、Scratchを使ってコントロールできる初心者向けセンサーボード「いぬボード」を発売する。入力電圧に応じて音声出力信号が変化、または音声入力信号に応じて出力電圧を変化させるシンプルなものだ。照度センサーも実装する。

ニュース | 2017/07/19 17:00

プログラミングをドローンで学ぼう——STEM教育向け知育ロボット「Airblock」

プログラミングをドローンで学ぼう——STEM教育向け知育ロボット「Airblock」

ソフトバンク コマース&サービスは、Makeblockのプログラミング学習ドローン「Airblock(エアブロック)」を7月14日から国内販売すると発表した。スマートフォンで操作でき、Scratchベースのブロックプログラミングを使った自動飛行もできる。

ニュース | 2017/07/07 08:00

2020年プログラミング必修化!「作る」ことで分かるSTEM教育

第5回 子どもに合ったSTEM教育に役立つ教材とは? ポイントは母親へのアピールと小学生でも使える開発環境

第5回 子どもに合ったSTEM教育に役立つ教材とは? ポイントは母親へのアピールと小学生でも使える開発環境

現状、STEM教育の普及には3つの課題があるといわれています。メンター、教材、カリキュラムです。連載の第5回は、STEM教育に役立つ教材作りに関してスイッチエデュケーションとレゴの関係者に話を聞きました。そこではどんな取り組みがなされているのでしょうか?

トピックス | 2017/06/26 08:00

PETS開発チーム「fOK」インタビュー

ものづくりコミュニティから生まれたパソコンを使わないプログラミング教材“PETS”が歩んできたステップ

ものづくりコミュニティから生まれたパソコンを使わないプログラミング教材“PETS”が歩んできたステップ

12のマス目の上を四角い箱型の車が静かに進んで行く。ときに止まり、左右に回転して方向を変える。見つめる子どもたち。

PETSは、5種類のブロックをボディに差しこむだけで、パソコンを使わずにプログラミングが学べる教材として、2015年に登場。各地でワークショップを開催するなど実績を重ね、2016年には国内で先行予約販売。さらに2017年3月にはKickstarterに登場し、4…

インタビュー | 2017/06/12 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  2. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  3. 自分の手で組み立てて演奏——中世ヨーロッパの古楽器作成キット「Hurdy-Gurdy」
  4. ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい
  5. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  6. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  7. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. JAXA、国際宇宙ステーション・きぼうの船内ドローン「Int-Ball」の撮影映像を初公開
  10. Autodesk Fusion 360に最適——3Dプリント/3D CAD制作向けPC3機種を発売

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る