新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:学習・教育の記事一覧

XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売

XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売

XYZプリンティングジャパンは小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と、低温タイプ3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売した。両機種とも児童の利用を想定しており、安全に配慮した設計とわかりやすい操作性が特徴だ。

ニュース | 2018/06/18 13:30

学校のプログラミング教育を応援——WDLC、「MakeCode×micro:bit 100プロジェクト」開始

学校のプログラミング教育を応援——WDLC、「MakeCode×micro:bit 100プロジェクト」開始

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)は、プログラミング教育を応援する「MakeCode×micro:bit 100プロジェクト」を開始する。ICT教育の本格的導入に備え、教育現場や家庭におけるプログラミング教育をサポートする。

ニュース | 2018/06/14 13:30

子供の筆記量を計測——日々の努力を見える化するIoT文具「しゅくだいやる気ペン」

子供の筆記量を計測——日々の努力を見える化するIoT文具「しゅくだいやる気ペン」

コクヨが、市販の鉛筆に取り付けて子供の筆記量(努力)を計測できるIoT文具「しゅくだいやる気ペン(仮)」を、2019年春の一般発売前に体験できるプロジェクトをReadyforで開始した。体験会と企画会議に参加できるリターンを用意している。

ニュース | 2018/06/08 14:30

「DOBOT Magician」を使ってロボットアームを学習——アフレルが新発売キャンペーンを開始

「DOBOT Magician」を使ってロボットアームを学習——アフレルが新発売キャンペーンを開始

アフレルは、生産制御工学などの学習/研究を行う高等教育機関や、現場でロボットアームの制御を学ぶ職業訓練校を対象に、ロボットアーム「DOBOT Magician」を使った教材を発売した。2018年7月31日までの期間限定で発売記念キャンペーンを実施する。

ニュース | 2018/06/01 13:30

タブレットからワイヤレスコーディング——ロボットや車が作れるスマートビルディングブロック「Tinkamo」

タブレットからワイヤレスコーディング——ロボットや車が作れるスマートビルディングブロック「Tinkamo」

5~12才の子ども向けスマートビルディングブロック「Tinkamo」がKickstarterに登場し、出資を募っている。LEGO互換のブロックや段ボールと組み合わせてロボットや車などを作り、ワイヤレスでドラッグ&ドロップのコーディングですぐに動かせる。

ニュース | 2018/05/24 13:00

自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」

自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」

ラジコンカーがベースとなっている教育用玩具「RaceYa」が、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。子供が自由に改造できるラジコンカーで、子供たちがパーツを変えたりいろいろな遊び方をしたりして運動エネルギーなどを学べるように作られている。

ニュース | 2018/05/18 12:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  6. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  7. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  8. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  9. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る