新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:試作の記事一覧

デジタル+アナログでマスカスタマイズ——3Dプリントと精密鋳造で制作されるヒール「FORMLESS」

デジタル+アナログでマスカスタマイズ——3Dプリントと精密鋳造で制作されるヒール「FORMLESS」

DiGITAL ARTISANは、JSR、キャステムと共同で、光造形方式3Dプリンターとロストワックス法による鋳造技術を活用したヒール「FORMLESS」を発表した。ヒールにかかる力の向きや重さに応じて自動生成されるヒール形状をベースにデザインされたコンセプトモデルだ。

ニュース | 2019/03/26 10:30

Redshift 日本版提携連載「ものづくりの未来」のストーリー

「ロング・ナウ時計」で検証する人類の未来の様相

「ロング・ナウ時計」で検証する人類の未来の様相

人類は、現在を生きる生物だと言える。その関心事の大半は、もっぱら仕事とプライベートにおけるToDoリストと、週末のプランだ。子どもの進学費用や、いつまでも健康的な生活を送るための定年後の資金のやり繰りを思案している人もいるだろう。だが自分の人生以上の長さについて考えるのは難しい。それが1万年後の未来を思い描くのであれば、なおさらだ。だが、それこそが科学者やエンジニア、デザイナー、思想家たちが20年…

トピックス | 2019/03/25 07:30

町工場とスタートアップの溝は埋まるか——Garage Sumidaが目指す次世代町工場のあり方

町工場とスタートアップの溝は埋まるか——Garage Sumidaが目指す次世代町工場のあり方

日本ベンチャーキャピタル協会の調査によれば、2012年から2017年にかけて日本国内のスタートアップの資金調達額は4倍以上※1に拡大している。平均資金調達額も3億円を超え、初期投資が高額になりがちなハードウェアスタートアップにも明るい兆しが見え始めている。
しかし、いくら資金を投じても適切な開発/製造パートナーがいないことには製品化はできない。デジタルファブリケーションやメイカースペース…

インタビュー | 2019/02/07 07:30

僕の机が小さな工場になる——FABRICATORが示す未来

僕の机が小さな工場になる——FABRICATORが示す未来

工場の生産ラインの自動化といった話題は既に珍しいものではないが、個人の環境でもそれが現実になるかもしれない。そんな研究が日本で進んでいる。

慶應義塾大学の相部範之特任准教授らの研究チームは、卓上でIoTデバイスが製造できる「FABRICATOR」を開発した。
工作機械の複合機とも言えるFABRICATORはMakerにとっては強力なパートナーになるだろう。(撮影:加…

インタビュー | 2019/01/22 07:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る