新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:試作の記事一覧

2次元的に伸縮可能な有機発光デバイスを開発

2次元的に伸縮可能な有機発光デバイスを開発

韓国科学技術大学KAISTの研究チームが、大きな2次元変形を負荷しても発光性能を維持する、伸縮可能な有機発光デバイスOLEDを開発した。数百μmのアイランドおよび数十μmサイズのマイクロピラー構造を有したシリコーンエラストマーPDMS(ジメチルポリシロキサン)基板の上に、アイランド状のOLED薄膜を積層するとともに、各OLED間を蛇腹状のブリッジで結線することにより、デバイス全体の2次元的な変形に…

ニュース | 2020/04/19 08:00

MCUとMPUのクラウド接続を可能に——マイクロチップ、ラピッドプロトタイピング用組み込みIoTソリューションを発表

MCUとMPUのクラウド接続を可能に——マイクロチップ、ラピッドプロトタイピング用組み込みIoTソリューションを発表

マイクロチップ・テクノロジーが複数のIoTソリューションを発表。AWS IoT Coreクラウドサービスへの接続やAWS IoT Greengrassのサポートなど、MCUとMPUのクラウド接続を可能にするソリューションを通じ、プロトタイピングをサポートする。

ニュース | 2020/03/16 13:00

柔軟性と精度の高い造形が可能に——3Dプリンター「Raise3D」に軟質フィラメントが追加

柔軟性と精度の高い造形が可能に——3Dプリンター「Raise3D」に軟質フィラメントが追加

日本3Dプリンターは「Raise3D」に純正材料として、軟質フィラメント「HPフィラメント(スーパーフレキシブルタイプ)」を追加する。軟質でありながらフィラメント化の時点では硬質フィラメントに近く、柔軟性のある試作品を安定的に造形できる。

ニュース | 2019/07/29 15:00

デジタル+アナログでマスカスタマイズ——3Dプリントと精密鋳造で制作されるヒール「FORMLESS」

デジタル+アナログでマスカスタマイズ——3Dプリントと精密鋳造で制作されるヒール「FORMLESS」

DiGITAL ARTISANは、JSR、キャステムと共同で、光造形方式3Dプリンターとロストワックス法による鋳造技術を活用したヒール「FORMLESS」を発表した。ヒールにかかる力の向きや重さに応じて自動生成されるヒール形状をベースにデザインされたコンセプトモデルだ。

ニュース | 2019/03/26 10:30

Redshift 日本版提携連載「ものづくりの未来」のストーリー

「ロング・ナウ時計」で検証する人類の未来の様相

「ロング・ナウ時計」で検証する人類の未来の様相

人類は、現在を生きる生物だと言える。その関心事の大半は、もっぱら仕事とプライベートにおけるToDoリストと、週末のプランだ。子どもの進学費用や、いつまでも健康的な生活を送るための定年後の資金のやり繰りを思案している人もいるだろう。だが自分の人生以上の長さについて考えるのは難しい。それが1万年後の未来を思い描くのであれば、なおさらだ。だが、それこそが科学者やエンジニア、デザイナー、思想家たちが20年…

トピックス | 2019/03/25 07:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る