新しいものづくりがわかるメディア

RSS


360度のHDビデオ映像をストリーミング配信できる「360cam」

Kickstarterに登場して早々に目標の15万ドル(約1520万円)を調達した「360cam」は、フルHDで全周画像を撮影できるだけでなく、Wi-Fiでストリーミングを配信などが可能な多機能カメラだ。

水平方向360度、上下方向は足元を除く300度の画像を一度に撮影する。外形は69×69mmと小型で、重さも180gと軽量だ。さらに水深10mまで耐える防水(IPX8)性能を備えている。水中撮影用の特製レンズキャップも用意している。

本体には状態を表示するLEDとコントロールボタンがある。電源はリチウムイオン電池ベースや、電源を供給できるイーサネット(POE)アダプタを用意している。画像保存用のマイクロSDカードは64Gバイトまで使用可能。ビデオの場合、2048×1024@30/25fps(MP4/h.264)、静止画の場合は4096×2048@3fps(JPG)で撮影できる。 

3つのモードがあり、ビデオ撮影と写真撮影、そしてWi-Fiを介したストリーミング配信だ。画像はスマートフォン(Android、iOS)、PC(Windows、Mac)で閲覧できる。あのVRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」向けのビデオプレーヤーも提供する。Wi-Fi環境さえ整っていれば撮ってすぐにスマートフォンで確認ができる。GPS機能も備えており、撮影した写真をその場で各SNSに投稿することも可能だ。

記事執筆時点で目標額の15万ドルを達成しており、248ドルの超早期キットは品切れ、現在は早期に受け取れる299ドル(約3万円)のキットに出資可能。出荷は2014年11月を予定している。日本への送料は別途20ドルが必要。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る