新しいものづくりがわかるメディア

RSS


360度のHDビデオ映像をストリーミング配信できる「360cam」

Kickstarterに登場して早々に目標の15万ドル(約1520万円)を調達した「360cam」は、フルHDで全周画像を撮影できるだけでなく、Wi-Fiでストリーミングを配信などが可能な多機能カメラだ。

水平方向360度、上下方向は足元を除く300度の画像を一度に撮影する。外形は69×69mmと小型で、重さも180gと軽量だ。さらに水深10mまで耐える防水(IPX8)性能を備えている。水中撮影用の特製レンズキャップも用意している。

本体には状態を表示するLEDとコントロールボタンがある。電源はリチウムイオン電池ベースや、電源を供給できるイーサネット(POE)アダプタを用意している。画像保存用のマイクロSDカードは64Gバイトまで使用可能。ビデオの場合、2048×1024@30/25fps(MP4/h.264)、静止画の場合は4096×2048@3fps(JPG)で撮影できる。 

3つのモードがあり、ビデオ撮影と写真撮影、そしてWi-Fiを介したストリーミング配信だ。画像はスマートフォン(Android、iOS)、PC(Windows、Mac)で閲覧できる。あのVRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」向けのビデオプレーヤーも提供する。Wi-Fi環境さえ整っていれば撮ってすぐにスマートフォンで確認ができる。GPS機能も備えており、撮影した写真をその場で各SNSに投稿することも可能だ。

記事執筆時点で目標額の15万ドルを達成しており、248ドルの超早期キットは品切れ、現在は早期に受け取れる299ドル(約3万円)のキットに出資可能。出荷は2014年11月を予定している。日本への送料は別途20ドルが必要。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る