新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タングステンを3Dプリントする技術をオランダ企業が開発

オランダの企業Smit Rontgenが、純粋なタングステン材料を3Dプリントする技術を開発したと発表した。

電球のフィラメントなどに用いられているタングステンは、融点が3422度と最も高く、非常に硬く、重い金属として知られている。価格は比較的安いものの加工しにくいその性質から、これまで電球のフィラメントとして広く使われてきたことを除けば、高価な切削用工具や特殊な用途などにしか使われてこなかった。Smit Rontgenは純粋なタングステンを積層プリントする「Powder Bed Laser Melting」技術を開発したとしている。

Smit Rontgenは10年前、タングステンのプリント工程に関して、3D金属プリントの大手メーカーと協力し、純粋なタングステンの3Dプリント技術の研究を始めた。同社はまたハイレベルの製造に不可欠な、部品の検証や妥当性確認などの加工後検査や計測機器にも投資をしてきたという。

「医療分野、非医療分野に関わらず、純粋なタングステンが3Dプリント可能となることが世界的な注目を集めるだろう。この技術を習得することで、新しい発明やニッチな市場にもたらす可能性は無限大だ」とSmit RontgenのPieter Nuijts氏は話している。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る