新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オリジナルマインド、鋼材も切削できる卓上CNCフライス組み立てキット

オリジナルマインドは、卓上CNCフライス組み立てキット「KitMill」シリーズに、鋼材の切削も可能な新製品「KitMill AST200」を発売した。

KitMillシリーズは、2011年に誕生した卓上CNCフライス組み立てキットで、制御にパソコンを利用することで業務用製品に比べて非常に安価なCNCフライス製品となっている。

KitMill AST200では、フレーム全体に剛性と震動減衰性に優れた鋳鉄を採用するとともに、スピンドルに高出力モーターを採用することで、鋼材の切削を可能にした。樹脂や軽金属加工でも切削効率を高めている。KitMillシリーズで最大のZ軸ストロークを備えて、高さのある部品も削り出しが可能。ワークテーブルはTスロットを採用しているため、クランプやバイスなど一般的な工具をそのまま使用できる。また、3つの部品に分解できるので、クレーンやリフトなしでも移動できるとしている。

ストロークはX軸:215mm、Y軸:119mm、Z軸103mm。テーブルサイズは425.8×134mm、外形サイズは525.5×467.8×513.8mmで重さは67kg。ツールチャックはコレットチャック式で、回転数は標準5500r/min、オプションの高速プーリー装着時は9500r/min。最大送り速度はXY軸が毎秒15mm、Z軸が毎秒7mm、分解能はXYZ軸1.25μm。価格は63万8000円(税込)。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る