新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Workshop Digitalizing、歯科向け高精細FFF方式3Dプリンタ「MOMENT D+」の販売を開始

YOKOITOが運営するWorkshop Digitalizingは、歯科向け高精細FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「MOMENT D+」の販売を開始した。同製品を販売するのは、今回が国内初となる。

MOMENT D+は、3DCTスキャンデータや3D口腔内スキャンデータからの各種模型製作を想定した3Dプリンタ。従来の歯科向け造形機械に比べ、低コストでの導入や運用が可能だという。

同製品は、韓国の3DプリンタメーカーであるMOMENTが2015年に発売した高精度3Dプリンタ「MOMENT S」の基本設計を受け継いでいる。その上で、押し出し機構の設計変更による精度の向上、制振性能の向上による造形安定性の確保、カラーリングの一新などが施された。

Workshop Digitalizingは、MOMENT D+に適合する高性能フィラメントを新たに用意。MOMENT D+本体、出張での設置と講習、運用サポートなどを含めた「歯科向け基本セット」を65万円(税別)で販売する予定としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る