新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Workshop Digitalizing、歯科向け高精細FFF方式3Dプリンタ「MOMENT D+」の販売を開始

YOKOITOが運営するWorkshop Digitalizingは、歯科向け高精細FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「MOMENT D+」の販売を開始した。同製品を販売するのは、今回が国内初となる。

MOMENT D+は、3DCTスキャンデータや3D口腔内スキャンデータからの各種模型製作を想定した3Dプリンタ。従来の歯科向け造形機械に比べ、低コストでの導入や運用が可能だという。

同製品は、韓国の3DプリンタメーカーであるMOMENTが2015年に発売した高精度3Dプリンタ「MOMENT S」の基本設計を受け継いでいる。その上で、押し出し機構の設計変更による精度の向上、制振性能の向上による造形安定性の確保、カラーリングの一新などが施された。

Workshop Digitalizingは、MOMENT D+に適合する高性能フィラメントを新たに用意。MOMENT D+本体、出張での設置と講習、運用サポートなどを含めた「歯科向け基本セット」を65万円(税別)で販売する予定としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る