新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ELライトを光るタッチセンサに変える「Whoa Board」

EL(エレクトロルミネセンス)デバイスを接続するだけで発光するタッチセンサにできる「Whoa Board」のプロジェクトがKickstarterに登場した。

photo

Whoa Boardは、ELシートやELライトなどのELデバイスを、静電容量式センシングデバイスとして使うものだ。開発者によると、衣服などに組み込まれたELデバイスは動きや近くの物体を検知するのに十分な感度を備えたタッチセンサとして利用できるという。

photo

Whoa BoardにはELデバイスを接続してON/OFFさせるプログラムが用意されているため、簡単な発光式タッチセンサとして使うのにプログラミングは不要とのこと。より複雑な制御をさせるため、外部機器との通信インターフェースとしてUART、SPI、I2Cを備えている。それに加え、micro USBにはキーボードインストラクションとMIDIのアウトプットを備えているため、ELデバイスを使った演奏など、応用範囲は広い。

photo

Whoa Board はArduino互換で、プログラミングにはArduino IDE(統合開発環境)が利用でき、開発者らが用意したデモ用コードがGitHubに公開されている。例えばELライトを電子楽器のテルミンにしたり、触れると発光するジャケットを作ることもできる。

photo

Whoa Boardは、Kickstarterで9月6日までクラウドファンディング中。これまで、2万5000ドル(約255万円)の目標額に対し8000ドル(約81万5000円)以上を集めている。

販売価格は60ドル(約6100円)で、電源/プログラミングケーブル、EL素材、他のELデバイスを接続するためのコネクタが付属する。10月の発送を予定しており、日本への送料は20ドル(約2000円だ)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る