新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ELライトを光るタッチセンサに変える「Whoa Board」

EL(エレクトロルミネセンス)デバイスを接続するだけで発光するタッチセンサにできる「Whoa Board」のプロジェクトがKickstarterに登場した。

photo

Whoa Boardは、ELシートやELライトなどのELデバイスを、静電容量式センシングデバイスとして使うものだ。開発者によると、衣服などに組み込まれたELデバイスは動きや近くの物体を検知するのに十分な感度を備えたタッチセンサとして利用できるという。

photo

Whoa BoardにはELデバイスを接続してON/OFFさせるプログラムが用意されているため、簡単な発光式タッチセンサとして使うのにプログラミングは不要とのこと。より複雑な制御をさせるため、外部機器との通信インターフェースとしてUART、SPI、I2Cを備えている。それに加え、micro USBにはキーボードインストラクションとMIDIのアウトプットを備えているため、ELデバイスを使った演奏など、応用範囲は広い。

photo

Whoa Board はArduino互換で、プログラミングにはArduino IDE(統合開発環境)が利用でき、開発者らが用意したデモ用コードがGitHubに公開されている。例えばELライトを電子楽器のテルミンにしたり、触れると発光するジャケットを作ることもできる。

photo

Whoa Boardは、Kickstarterで9月6日までクラウドファンディング中。これまで、2万5000ドル(約255万円)の目標額に対し8000ドル(約81万5000円)以上を集めている。

販売価格は60ドル(約6100円)で、電源/プログラミングケーブル、EL素材、他のELデバイスを接続するためのコネクタが付属する。10月の発送を予定しており、日本への送料は20ドル(約2000円だ)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. シンプルながら多機能——インクスクリーン採用のスマートウォッチ「GLIGO」
  2. 3ピース構造でPiカメラがマウントできる——カラフルなRaspberry Piケース「PiShell」
  3. オーム社、機械学習の基礎知識から深層学習までを学ぶ「マンガでわかる機械学習」発刊
  4. Arduino Zero互換でクロック120MHz——32-bit ARM M4Fマイコンモジュール「Tachyon」
  5. 指にはめてどこでもタイピング——ウェアラブルキーボード「Tap」
  6. デスクトップにおける小型メタルボディ——FFF方式小型3Dプリンター「rs-Mini」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. カットシステム、OpenCVによる画像、動画処理の解説書「Pythonで始めるOpenCV3プログラミング」発刊
  9. 「第22回機械要素技術展」で、自分でも買えそうな気になる製品を探してみた
  10. 新生活に役立つものを1000円で作っちゃおう!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る