新しいものづくりがわかるメディア

RSS


空間に服が現れる——布のように畳める3Dプリントニット「AMIMONO」

STARtedとFree-Dは、共同で3Dプリントニット「AMIMONO」を開発し、そのプロトタイプを公開した。TPU素材を糸のように編み上げる技術により、服と同じように折り曲げられる伸縮性や、畳める柔軟性を再現している。

AMIMONOは、主に建築などで使用されるコンピューターアルゴリズムを用いたデザイン手法「アルゴリズミックデザイン」を、服のデザインに適用。3DプリンタがTPU素材を糸にして、空間でニット状に編み上げながらプリントする、3Dモデリングと3Dプリントを組み合わせた新工法で作られている。ボタン、ボタンホールなどのパーツも一体化した状態でプリントされるという。

従来の3Dプリントされた衣類は、レーザー焼結した樹脂の部品で構成されており、着ることはできるものの衣類としての実用性は備えていなかった。AMIMONOは、TPU素材を編んだ状態で出力することで、一般的な毛糸で作られたセーターのように伸び縮みし、畳めるレベルの柔軟性が備わった。

なお、AMIMONO で用いるTPU(Thermoplastic Polyurethane)は、熱可塑性ポリウレタン、ウレタンゴム、ウレタン樹脂とも呼ばれ、ゴムのような弾力性と硬質プラスチックの強靭さを併せ持つ高分子化合物だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る