新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1充電で15日間作動する——Ticwear OS搭載スマートウォッチ「Hagic」

低充電時でもベゼルに埋め込んだLEDで時刻表示できるスタイリッシュなスマートウォッチ「Hagic」がKickstarterに登場した。

photo

HagicのベゼルにはLEDが円周上に埋め込まれており、バッテリー残容量が低下してスマートウォッチとして利用できなくなっても、時刻表示を最大15日間継続できるのが特徴だ。

photo

QualcommのSnapdragon Wear 2100を搭載し、NFC/GPS/心拍計を備えている。OSは一般的なAndroid Wearではなく Ticwear OSを採用し、連携するスマートフォンはAndroid/iOSをサポートする。

photo

Dialer/Message/Player/Calendar/Weatherなどのアプリがプリインストールされており、本体に組み込まれたマイクとスピーカーを使ったボイスアクションによるメッセージ送信や通話ができる。心拍数/加速度/ジャイロスコープ/GPSセンサーを内蔵し、ヘルスモニタリングや距離/スピードを記録できるフィットネスアプリなども利用できる。

photo

バッテリー残量が30%を切ると、時計専用モードの「Hagic loop」に移行する。Hagic loop時には、スマートウォッチのベゼルに埋め込まれたLEDが点滅で分針を、点灯で時針を示す。Hagic loopに入るトリガーポイントは、システム設定で20%や40%などに変更できる。充電式340mAhバッテリーで最大2日スマートウォッチとして機能するが、Hagic loopに入ると最大15日持続する。

photo

ウォッチフェースは定期的にアップロードされ、またオプションでアイボリーホワイト/ピアノブラックの本革ストラップやシリコンストラップが用意されており、好みのカスタマイズを楽しめる。本体部のサイズは44×44mm、表示部はΦ31mmだ。

photo

Hagicは、5月26日までクラウドファンディングを実施。4月12日時点で、目標額5万ドル(約550万円)を達成し、約6万6000ドル(約725万円)以上を集めている。

photo

予定販売価格は249ドル(約2万7400円)で、今なら早期割引価格159ドル(約1万7500円)で入手できる。カラーは、オレンジブラウン/ピアノブラックから選べる。10月の出荷を予定しており、送料15ドル(約1650円)で日本への出荷にも対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  5. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  6. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  7. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  8. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  9. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  10. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る