新しいものづくりがわかるメディア

RSS


工業高校発の学習用マイコン——こどもパソコン「SkyBerryJAM」

県立栃木工業高校は、jig.jpの教育用パソコン「IchigoJam」を参考に、独自回路を追加拡張してIchigoJam互換マイコン「SkyBerryJAM」を設計製作した。

photo

SkyBerryJAMは、IchigoJamをベースに追加のカラーLEDやボタン、DCモータードライバー、サーボ用ピン、シリアル通信回路などの機能拡張を加えている。ちなみに栃木県のいちご「スカイベリー」にちなんだネーミングだ。

本家IchigoJam用のIchigoJam BASICを組み込めば、こどもぱそこんSkyBerryJAMとして利用できる。また、SkyBerryJAMとして専用拡張された機能、例えばDCモータードライバーICを活用すれば、小型ロボットに組み込み制御できるプログラミング学習用ボードとして使うことができる。

photo
photo

さらに中上級者向けには、PCとのシリアル通信を使ったBASIC言語のバージョンアップや、JavaScriptやmbedなどを走らせるマイコンとして利用することもできる。

SkyBerryJAMの主な仕様は、IchigoJam互換部分として、ARM Cortex-M0マイコン(12MHz)、PS2キーボード入力、NTSC出力、SW×1、LED×1、独自拡張部分としてUSB-UART変換モジュール、拡張メモリEEPROM、DCモータ駆動IC(L293D)、LED×4、スイッチ類とスピーカーなどを備える。サイズは83×60mmで重量は100g以内だ。

同校ではSkyBerryJAMを通して「ものづくりやプログラミングの楽しさを広める活動を推進」しており、「SkyBerryJAM組立キット」は2500円(税込)で販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  5. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  6. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  7. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  8. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  9. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  10. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る