新しいものづくりがわかるメディア

RSS


工業高校発の学習用マイコン——こどもパソコン「SkyBerryJAM」

県立栃木工業高校は、jig.jpの教育用パソコン「IchigoJam」を参考に、独自回路を追加拡張してIchigoJam互換マイコン「SkyBerryJAM」を設計製作した。

photo

SkyBerryJAMは、IchigoJamをベースに追加のカラーLEDやボタン、DCモータードライバー、サーボ用ピン、シリアル通信回路などの機能拡張を加えている。ちなみに栃木県のいちご「スカイベリー」にちなんだネーミングだ。

本家IchigoJam用のIchigoJam BASICを組み込めば、こどもぱそこんSkyBerryJAMとして利用できる。また、SkyBerryJAMとして専用拡張された機能、例えばDCモータードライバーICを活用すれば、小型ロボットに組み込み制御できるプログラミング学習用ボードとして使うことができる。

photo
photo

さらに中上級者向けには、PCとのシリアル通信を使ったBASIC言語のバージョンアップや、JavaScriptやmbedなどを走らせるマイコンとして利用することもできる。

SkyBerryJAMの主な仕様は、IchigoJam互換部分として、ARM Cortex-M0マイコン(12MHz)、PS2キーボード入力、NTSC出力、SW×1、LED×1、独自拡張部分としてUSB-UART変換モジュール、拡張メモリEEPROM、DCモータ駆動IC(L293D)、LED×4、スイッチ類とスピーカーなどを備える。サイズは83×60mmで重量は100g以内だ。

同校ではSkyBerryJAMを通して「ものづくりやプログラミングの楽しさを広める活動を推進」しており、「SkyBerryJAM組立キット」は2500円(税込)で販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る