新しいものづくりがわかるメディア

RSS


会議室や座席の利用状況がわかる——存在検知センサー「CPD」

オプテックスは、会議室の利用状況や在席状況などを確認できる、存在検知センサー「CPD」を、2018年8月に発売する。

photo

CPDは、オフィス内の会議室利用状況や、シェアスペースの在席状況の確認など、フリースペースの効果的な運用を可能にするセンサーデバイスだ。センサーから得た在席情報を、在席管理システムなどと連携することで、PCやスマートフォンから現在の使用状況を把握できる。

photo

ほとんど体の動きがない時でも着席している人を検知でき、ピンポイントの検知領域と独自のアルゴリズムにより、通行人による誤判定を排除するという。 設置は、机の下に両面テープで貼りつけるだけだ。ペアリングボタンを押して、センサーの角度を座席の高さに合わせて調整するだけで、設定は完了する。動作電源は別売りのリチウム電池CR123A×1で、電池寿命は約5年(常温時、出荷時設定)だ。

photo

CPDの検出方式はパッシブサーマル方式、検出範囲は0.1~0.8m。検知エリアは50°で、検出エリア可変角度は20°毎に両方向0~80°となっている。無線出力はEEP A5-07-01(EnOcean)、RF周波数は928MHz、オープン時のRF送信距離は25m。初期化時間は約20秒。サイズは154×30×30mm、電池を含めた重さは70gとコンパクトだ。

CPDの価格はオープンプライスで、発売初年度の目標台数は3000台だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る