新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでマシンビジョンや顔認識できる——走行ロボット組み立てキット「Akki」

走行ロボット組み立てキット「Akki」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Akkiは、マシンビジョン/顔認識/感情認知/パターンマッチングなど多彩な機能を搭載する走行ロボットキット。本体には、ビジョンカメラ、スピーカー、3.2インチTFTタッチスクリーンを搭載し、前面の下側左右にマルチカラーLEDを各3個ずつ、背面の下側に3個、底面にグローボール1個を配している。移動は前後左右、360度の回転が可能だ。

photo

モバイルデバイスの専用アプリからコントロールでき、スクリーンに表示される顔の表情を変える、マシンビジョンの映像を見ながら動かす、スピーカーから音を出す、LEDの点灯などができる。表情は20のパターン、サウンドは「乗り物」、「人」、「動物」、「ムービー」、「面白サウンド」などのカテゴリーに約100の音とチューンが登録されている。また、スクリーンで動画の再生もできる。

photo

ドラッグアンドドロップによるプログラミングも可能で、設定時間になったらアラームを鳴らすといったプログラミングが簡単にできる。また、顔認識、感情認知、パターンマッチング機能も備え、ヒントとなるイメージを読み込ませるだけで、対象物を探したり追いかけたりすることもできるとしている。

photo

Akkiの価格は、今なら数量限定の早割価格170ドル(約1万9000円)で入手できる。キットの内容は、Raspberry Pi、3.2インチTFTタッチスクリーン、カメラ、スピーカー、LED、バッテリー、ホイール、クイックスタートガイド、イメージタグ、可動式アームなどで、カラーは、ブルー/ブラック/ホワイトから選べる。2018年11月の出荷を予定しており、日本への送料は10ドル(約1100円)だ。

AkkiはKickstarterにて、7万ドル(約774万円)を目標に2018年9月16日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る