新しいものづくりがわかるメディア

RSS


指にはめてどこでもタイピング——ウェアラブルキーボード「Tap」

指のジェスチャーを検知してタイピングできるウェアラブルキーボード「Tap」がアメリカで販売されている。

photo

Tapは、片手の5本の指に装着しデバイスをジェスチャーでコントロールできるウェアラブルデバイス。キーボードのタイピングから、マウスやゲームなどのコントローラーとしても利用できる。

 

photo

TapはQWERTY配列などではなく独自のコントロールを覚える必要があるが、直感的な操作が特徴で、例えば親指でタップすれば「a」が入力できる。1本の指だけでなく、2本以上の指のジェスチャーのコンビネーションで入力するが、デフォルトコマンドはカスタマイズも可能だ。

また、「マウスモード」では親指をスライドさせカーソルを移動し、指のタップでクリックやドロップ操作ができる。「コントローラーモード」は、ゲーム操作や音楽作成、シーケンサーの操作などさまざまなアプリケーションに対応する。

この独特な操作方法を音楽とビジュアルを交えながら覚えられるアプリ「TapGenius」を用意しているので、1~2時間もあれば操作に慣れるとのこと。また、視覚より感覚を重視した操作が求められるので、視覚障害者向けの入力デバイスとしても適しているという。音声で操作方法を学べるアプリ「TapAloud」も用意している。

photo

スマートフォンやパソコン、タブレット、スマートTVなど、Bluetooth接続が可能なデバイスすべてに対応可能で、価格はアメリカ国内では送料込みで179ドル(約1万9800円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る