新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大成建設ら、セメント系素材を使用する建設用3Dプリンター「T-3DP」を開発

大成建設は、アクティオ、有明工業高等専門学校、太平洋セメントと共同で、建設用3Dプリンター「T-3DP(Taisei-3D Printing)」を開発した。

photo

T-3DPは、セメント系材料をノズルから押し出しながら積層し、型枠を使わずに3Dデータからさまざまな形状の建設部材を自動製作することができる。

同社によると、建設用3Dプリンターでセメント系材料を使用すると、従来は造形中に積み上げた重さや歪みに耐えきれずに崩壊を起こすという課題がある。

そこで今回、圧送しやすくかつ固化しやすい特殊なセメント系材料を開発。ノズルから吐出後に形状が崩れにくく短時間で固化し、より高く積層できるようになった。

photo

さらに、吐出量を一定に保つことができる特殊ノズルを開発し、脈動を伴うポンプでも対応できることから、今後は実際の現場への展開も可能になった。またノズル先端から材料が垂れることを防止する仕組みを備えているために、複数の部材を同時に製作することも可能だ。

photo

同時に3Dデータに基づいて、ノズルの移動や材料の吐出量などを制御するプリンターシステムも開発した。

同社では今後、同プリンターを導入したさまざまな建設部材の製作や、現場での大型構造物の施工を実現するため、補強方法や品質管理手法、構造的な評価技術などの課題解決に取り組むとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  2. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  6. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  7. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  8. 東北にMaker Faireがやってきた! 仙台に集まった個性豊かな東北Makerたち #SendaiMMF
  9. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)
  10. Windows 10 IoT CoreとRaspberry PiでIoTデバイスを作成——IoTデバイスプログラミング入門の第2版を刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る