新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大成建設ら、セメント系素材を使用する建設用3Dプリンター「T-3DP」を開発

大成建設は、アクティオ、有明工業高等専門学校、太平洋セメントと共同で、建設用3Dプリンター「T-3DP(Taisei-3D Printing)」を開発した。

photo

T-3DPは、セメント系材料をノズルから押し出しながら積層し、型枠を使わずに3Dデータからさまざまな形状の建設部材を自動製作することができる。

同社によると、建設用3Dプリンターでセメント系材料を使用すると、従来は造形中に積み上げた重さや歪みに耐えきれずに崩壊を起こすという課題がある。

そこで今回、圧送しやすくかつ固化しやすい特殊なセメント系材料を開発。ノズルから吐出後に形状が崩れにくく短時間で固化し、より高く積層できるようになった。

photo

さらに、吐出量を一定に保つことができる特殊ノズルを開発し、脈動を伴うポンプでも対応できることから、今後は実際の現場への展開も可能になった。またノズル先端から材料が垂れることを防止する仕組みを備えているために、複数の部材を同時に製作することも可能だ。

photo

同時に3Dデータに基づいて、ノズルの移動や材料の吐出量などを制御するプリンターシステムも開発した。

同社では今後、同プリンターを導入したさまざまな建設部材の製作や、現場での大型構造物の施工を実現するため、補強方法や品質管理手法、構造的な評価技術などの課題解決に取り組むとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る