新しいものづくりがわかるメディア

RSS


シンプルなFFF方式3Dプリンター「INFINITY 100」

FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「INFINITY 100」がKickstarterに登場し、出資を募っている。INFINITY 100は、専用コントローラーと押出機からなるシンプルで操作性を重視した3Dプリンターだ。

photo

INFINITY 100の制御はディスプレイ付コントローラーのつまみから行い、Z軸の設定、プリントの一時停止、充填率の変更、温度設定、SDカードへの書き込みなどが可能だ。

押出機はフィラメントの挿入が容易で、色の変更も数秒でできる。充填の完了を検知すると自動的に一時停止する。フレキシブルフィラメントにも対応している。

photo

最大造形サイズは20×20×20cm。ステッピングモーターの速度は最高毎秒150mm。積層ピッチは100~200μmだが、その他の精度は明記されていない。

コントローラーにはUSBポートを搭載。ソフトウェアは開発中だが、スライサーソフト「Cura」に対応し、3Dプリンター用サーバソフト「Octoprint」とも互換性があるという。

photo

価格は本体、SDカード、PLAフィラメント250グラムなどをセットにして299スイスフラン(約3万4千円)。出荷は2019年6月の予定で、日本への送料は29スイスフラン(約3千円)だ。

INFINITY 100は、2019年1月15日まで目標額3万スイスフラン(約340万円)でクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る