新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Cerevo、スキー板用センサーモジュール「SKI-1」を開発

Cerevoは、スポーツ用品ブランド「XON(エックスオン)」の第6弾製品として、各種センサーなどを内蔵し、スマートフォンやクラウドとの連携機能を備える、スキー専用センサーモジュール「SKI-1(スキーワン)」を開発し、「CES 2019」に展示すると発表した。

SKI-1は、6軸センサー (加速度、角速度)、GPS、足部荷重センサー、インターネット接続用LTEモジュールを内蔵したスキー専用センサーモジュールだ。

photo

計測した各センサーデータは、スマートフォンやクラウドと連携して、リアルタイムに滑走データを記録し、スマートフォンアプリで確認できる。グラフィカルに滑りの状態を可視化することで自分の滑走を振り返り、テクニックを向上させられるという。搭載されたGPSとLTEモジュールによって、万が⼀紛失した場合でもスキー板の位置情報を定期的に発信し、現在位置を特定する機能も持つ。

Bluetooth 5(Low Energy)を搭載し、防水性能はIPX4相当、充電方法はQiによる無線給電、対応OSはiOSとAndroid OS、発売は2020年の冬シーズンを予定している。

photo IoTロードバイク「ORBITREC」

また、アメリカ・ラスベガスで開催されるCES 2019では、SKI-1およびコラボレーションする総合スキーブランド「Reine Deer(レインディア)」のスキー板を展示するほかに、XONラインの製品である、センサー内蔵の高級IoTロードバイク「ORBITREC(オービトレック)」と、ストリーミング機能付きモータースポーツ向けセンシングデバイス「ZECH-1(ゼックワン)」も展示する。

photo モータースポーツ向けセンシングデバイス「ZECH-1」

ORBITRECの生産数は世界10台限定で、価格は1500万円(14万ドル)、正式な受注開始は2019年内の予定だ。ZECH-1の価格は10万円程度で、2019年夏頃の販売を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る