新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スタートアップテクノロジーの祭典「Slush Tokyo 2019」、プログラム/ラインアップ/Advisory Mentorを発表

SLUSH TOKYOは、東京ビッグサイトにて2019年2月22~23日に開催する「Slush Tokyo 2019」のプログラム/ラインアップを発表した。

Slushはフィンランド発祥のスタートアップテクノロジーの祭典で、Slush Tokyoとしての日本での開催は5年目となる。

今年のテーマは「Call for Action(一歩を踏み出そう)」で、4つのステージで70以上のプログラムが開催予定だ。世界70カ国から7000人以上が集結し、400人のボランティアと作り上げる過去最大規模の開催を見込んでいる。公式Webサイトではプログラムラインアップを公開中だ。

また、同イベントにてフォースタートアップスとSLUSH TOKYOが共同プロデュースするメンタリングプログラム名が「Advisory Program」と決定したことも併せて発表。2019年2月13日に申し込み受け付けを開始した。

Advisory Programでは、元Googleのピョートル・フェリクス・グジバチ氏をはじめとする、起業家/投資家/成長産業領域の先駆者「Advisory Mentor」5名を招聘、起業家からの相談に対してメンタリングを実施する。メンター5名のプロフィールは以下の通りだ。

  •  ピョートル・フェリクス・グジバチ氏(プロノイアグループ 代表取締役/モティファイ 取締役)
  •  齋藤和紀氏(エクスポネンシャル・ジャパン COO/Spectee CFO/iROBOTICS CFO/エン・ジャパン 社外取締役)
  •  竹内秀行氏(ユーザベース チーフテクノロジスト/UB Ventures テクノロジーパートナー)
  •  坪田朋氏(Basecamp CEO/デザイナー)
  •  国光宏尚氏(gumi 代表取締役会長)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る