新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントしたモデルの塗装に——カラーペイントスプレー「Glooped!」

カラースプレー「Glooped!」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Glooped!は、独自の配合を施したスプレータイプの塗料。3Dプリント造形物に塗装すれば、レイヤー間のつながりをスムーズにし、艶やかで耐久性の高い表面に仕上げるという。

photo

開発元によると、ポリマー色素を溶媒混合液に保持する特殊なレジンを使い、対象物の表面に塗布されると溶媒液が蒸発し、レジンとポリマー色素が空気に触れ化学反応を起こして強力に結合する。そのため、従来のスプレー塗料に比べ、隠ぺい性や密着性、耐久性に優れているという。

photo

布、紙、段ボール、ウッド、セラミック、グラス、メタル、プラスチック、3Dプリントモデル、ファイバーグラスなどあらゆる素材に塗布できるとしている。また、オーブンでキュアリングも可能だ。

photo

色はパープル(艶/メタリック)、ブラック(艶)、ホワイト(艶)、クリア(艶)は開発済みで、さらにキャンペーン終了後の投票で1色を追加する予定。容量は1缶350gだ。

photo

Glooped!の価格は20ドル(約2200円)で、2019年12月の出荷を予定している。今のところ、アメリカ国内の出荷のみ対応する。

Glooped!は、2019年4月25日までクラウドファンディングを実施中。4月16日時点で、15万ドル(約1672万円)の目標額に対して約1万2000ドル(約134万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る