新しいものづくりがわかるメディア

RSS


どこでも手軽に版画が刷れる——ポータブルな版画用プレス機「Open Press Project」

軽量で小型の版画用ポータブルプレス機「Open Press Project」がKickstarterに登場し、目標額の70倍を超える支援を集めている。

photo

Open Press Projectは、エッチングやアクアティント、ドライポイントなどの多様な版画技法に対応した小型プレス機。凹版印刷だけでなく、リノカットや木版画などの凸版印刷にも対応できる。

photo

ベッドプレート寸法は145×75mmで、通常のプレス機と比べると印刷範囲は狭いが、封筒や、小型のグリーティングカード、名刺の印刷にはちょうど良い。1枚だけ刷るモノプリントも可能。何よりも、持ち運びが楽なので、どこでも印刷が始められることが特徴だ。

photo

Kickstarter版では、ローラーとボルトを金属部品に変更し、圧力の均一性と部品の耐摩耗性をあげている。また、耐久性に優れた高品質の織布をブランケットに使用しており、凹版印刷特有の細かい表現も得意だという。

photo

本体は3Dプリントで作製。さらに、設計データはオープンソースとしているのでWebサイトからダウンロードできる。すでに、世界中で1万人以上がオリジナルプレス機を作製しているという。

photo

価格は55ユーロ(約6900円)。出荷は2019年9月の予定で、日本への送料は15ユーロ(約1900円)だ。

Open Press Projectは、2019年5月4日までクラウドファンディングを実施中。4月19日時点で、1000ユーロ(約12万5000円)の目標額を大幅に上回る約7万7000ユーロ(約970万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る