新しいものづくりがわかるメディア

RSS


セールスフォース、国内スタートアップのアプリケーション開発を支援するプログラムを開始

セールスフォース・ドットコムは、同社のアプリケーション開発プラットフォーム「Heroku」を、期間限定で無償提供するスタートアップ支援プログラムを開始した。

同社は、スタートアップ企業を対象としたファンド「Japan Trailblazer Fund」を2018年12月に発表するなど、国内でのスタートアップ企業支援を強化している。今回は同社が米国で提供済みプログラムの国内での展開となる。

同社のHerokuは、クラウド上に構築されたPaaS(Platform as a Service)だ。アプリケーションの構築やデプロイ、運用のためのソリューションを提供する。また、Heroku プラットフォームはサーバーやハードウェア、インフラの管理の一切を任せることができるサービスだ。Herokuを利用することで、ユーザー企業は自社製品の開発にリソースを集中することが可能になる。簡単にアプリケーションを拡張できるアドオンを150種以上有していたり、Salesforceとの連携や同期がスムーズに行えたりする特徴も持つ。

今回の支援プログラムは、Herokuを1社あたり最大5万ドル分、最長1年間利用できるようにするものだ。ただし、対象は同プログラムの趣旨に賛同するCoral Capital/500 Startups Japan、G-STARTUP、Open Network Lab、Plug and Play Japan、Reality Accelerator、東京大学FoundXなどのアクセラレーターから支援を受けていることが条件となり、プログラム応募も各アクセラレーターが行う。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る