新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D PrintingがBCN3Dと代理店契約締結——プロフェッショナル向け3Dプリンター「Sigma/Sigmax」を販売

3D Printing Corporationは、スペインの3DプリンターメーカーBCN3D Technologiesと、日本総代理店契約を締結。同社の独立型デュアルエクストルーダー(IDEX)システムを搭載したFFF(熱溶解積層)方式3Dプリンター「Sigma/Sigmax」の販売およびサポートを強化する。

photo

Sigma/Sigmaxは、IDEXシステムを搭載し、2種類のフィラメントを同時に使用できるプロフェッショナル向け3Dプリンター。左右対称のパーツを一度にプリントできるミラーモードや、同じパーツを同時にプリントできる複製モードに対応し、造形の効率を大幅に向上させることができる。

また、実績あるE3D製ホットエンドを採用。さまざまな環境下でも、スームズかつ信頼性の高いエクストルージョンを可能にし、精細で正確なプリントができるとしている。さらに、Bondtech製のデュアルドライブギアを採用することでフィラメント滑りを解消し、フィラメントとグリップのコントロール性を改善させた。

造形サイズ(以下sigma/sgmaxの順)は210×297×210mm/420×297×210mm、外寸は、465×440×680mm/675×440×680mm、重量は15kg/18kgだ。積層ピッチは両モデル共通で50~500μm、使用可能材料も共通で、PLA、ABS、ナイロン、PET-G、TPU、PVA、複合材料などに対応する。

価格は、58万9000円/89万8000円(いずれも税別)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る