新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D PrintingがBCN3Dと代理店契約締結——プロフェッショナル向け3Dプリンター「Sigma/Sigmax」を販売

3D Printing Corporationは、スペインの3DプリンターメーカーBCN3D Technologiesと、日本総代理店契約を締結。同社の独立型デュアルエクストルーダー(IDEX)システムを搭載したFFF(熱溶解積層)方式3Dプリンター「Sigma/Sigmax」の販売およびサポートを強化する。

photo

Sigma/Sigmaxは、IDEXシステムを搭載し、2種類のフィラメントを同時に使用できるプロフェッショナル向け3Dプリンター。左右対称のパーツを一度にプリントできるミラーモードや、同じパーツを同時にプリントできる複製モードに対応し、造形の効率を大幅に向上させることができる。

また、実績あるE3D製ホットエンドを採用。さまざまな環境下でも、スームズかつ信頼性の高いエクストルージョンを可能にし、精細で正確なプリントができるとしている。さらに、Bondtech製のデュアルドライブギアを採用することでフィラメント滑りを解消し、フィラメントとグリップのコントロール性を改善させた。

造形サイズ(以下sigma/sgmaxの順)は210×297×210mm/420×297×210mm、外寸は、465×440×680mm/675×440×680mm、重量は15kg/18kgだ。積層ピッチは両モデル共通で50~500μm、使用可能材料も共通で、PLA、ABS、ナイロン、PET-G、TPU、PVA、複合材料などに対応する。

価格は、58万9000円/89万8000円(いずれも税別)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る