新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTの事業アイデアをプロトタイプ完成まで支援——北九州市が「IoT Maker's Project」を開催

北九州市が2020年7月16日、IoTのビジネスプランを募集し、開発資金の提供からプロトタイプ製作の完成までを支援する「IoT Maker's Project」を開催すると発表した。

IoT Maker's Projectは、IoTで世界を変えるビジネスを北九州市から創出することを目指すプロジェクトだ。個人と法人を問わず、学生、スタートアップ企業、第二創業でのチャレンジなど、IoTで新規事業に挑戦する参加者を募っている。

参加者はメンターによるサポートを受けながら、IoTに関連した事業アイデアを数カ月でプロトタイプの完成へと導くことに取り組む。応募資格の制限は特になく、事業アイデアと熱意があれば、これまでの技術や経験は不問。所属を問わず、全国から応募できる。

本プロジェクトで採用された事業アイデアには、1チーム当たり最大100万円の開発費が支給される。事業化を見据えて大手企業との共創機会も与えられ、北九州市のフィールドを使っての実証実験も実施できる。共創企業は第一交通産業、ドーワテクノス、トヨタ自動車九州、ラックの4社となる。

IoT Maker's Projectの開催は本年度で4年目。今年度のプロジェクト説明会はオンライン(Zoomウェビナー)で開催する予定で、2020年7月22日18時から開始するという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ワンボードマイコンでPCを自作——ポータブルコンピューターベアボーンキット「READY! MODEL100」
  2. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  3. 「Interface 2021年 4月号」がマイコン向けリアルタイムOS「FreeRTOS」を特集
  4. 持続的な長距離量子テレポーテーションに成功——90%超の高忠実度を実現、量子インターネット実現に向けた大きな一歩
  5. 「はんだ付けで目入れするダルマ」をプリント基板で作っちゃう 〜デザイン基板の作り方〜
  6. Desktop Metal、脱脂装置が不要の金属3Dプリンター「Studio System 2」を発表
  7. 磁力を使って5分で接着——磁性硬化型接着剤を開発
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  10. エアでの打感を再現——機材なしで練習できる最新ドラム演奏デバイス「Freedrum 2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る