新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Zoom、「Zoom HaaS」を開始——「Zoom Rooms」と「Zoom Phone」向けハードウェアを提供

ビデオ会議ツール「Zoom」を提供するZoom Video Communicationsは2020年7月7日、ハードウェアサブスクリプションサービス「Zoom HaaS(Hardware as a Service)」を開始した。「Zoom Rooms」と「Zoom Phone」向け推奨ハードウェアを揃え、当面、アメリカ国内のユーザーのみが利用できる。

photo

Zoom HaaSは、「Zoom Rooms」と「Zoom Phone」のユーザー向けに、必要なハードウェアとカスタマーサービスをワンストップで提供するプログラム。利用者はDTEN、Neat、Poly、Yealinkなど大手機器メーカー製推奨ハードウェアを選択できる。

ビデオ会議やクラウド通話は強力なビジネスツールになりつつあるが、安定した環境で利用するには高価な機器が必要なため導入コストが高く、またビジネスの変化に応じた機器の追加やサービスサポートといった課題もある。

Zoom HaaSは月々固定料金を払うだけで最先端のハードウェアを利用でき、またさまざまなオプションを用意しており導入、運用コストを抑えることができる。さらにハードウェアのアップグレードや追加対応、カスタマーサービスの提供によりユーザーの円滑な運用をサポートするとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る