新しいものづくりがわかるメディア

RSS


初心者でも課題解決のためのものづくり——eラーニング講座「3Dプリンタで自助具を作ろう」スタート

グローバルキャストは2020年8月20日から、オンライン学習サービス「バレッドアカデミー」において、eラーニング講座「3Dプリンタで自助具を作ろう」をスタートした。

同講座は、ハマナカデザインスタジオが運営するファブラボ品川が作成したものだ。3Dでのモデリング法のみならず、自助具(障害や病気、加齢などによる動作の困難を補うための道具)や暮らしの道具の3Dプリンターによる作り方を学ぶことができる。

初級、中級、上級の3コースが用意されている。

初級コースでは、自助具モデルをダウンロードし、ストローホルダーやスプーンホルダーなどの自助具を3Dプリントで作製する。

中級コースでは、3Dスキャンの活用、モデルのアレンジ、素材(フィラメント)の使い分け、フィラメントごとのスライサー設定のコツについて学習する。

上級コースでは、異なる素材を重ねた3Dプリントや簡易サポーターの3Dプリントに挑戦する。

各講座の学習目安時間は1時間〜2時間だ。視聴期間は12カ月となる。講座料は初級コースが4500円、中級コースが6500円、上級コースが8500円で、パック料金も用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  5. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  6. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  9. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る