新しいものづくりがわかるメディア

RSS


三脚や手の映り込みを隠せる——360°カメラ「RICOH THETA」用の新プラグイン「Underside Cover」

RICOHは、360°カメラ「RICOH THETA」対応のプラグイン「Underside Cover」を、同社が運営するプラグインストアで公開した。

RICOH THETAは、2013年に発売されたワンショットで360°撮影できるカメラだ。2014年にはAPI/SDKを公開。2017年に発売された新モデル「RICOH THETA V」では、AndroidベースのOSを採用し、拡張性を高めている。

今回公開されたUnderside Coverは、360°画像の底面部に任意の画像を自動的に挿入することで、撮影時にカメラの真下にある三脚や手の映り込みを隠せるプラグインだ。スマートフォン用の基本アプリでプラグインを立ち上げることで起動でき、シャッターボタンで撮影できる。

RICOHのプラグインストアには、今回公開されたプラグイン以外にも、360°静止画にアニメーションを生成する「Animation Auto Framing」や、静止画を背景にモンスターを捕まえるARゲーム「360 Hunting Game」などのプラグインが用意されている。RICOHが開発したプラグインだけでなく、サードパーティ製プラグインも公開されているという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る