新しいものづくりがわかるメディア

RSS


三脚や手の映り込みを隠せる——360°カメラ「RICOH THETA」用の新プラグイン「Underside Cover」

RICOHは、360°カメラ「RICOH THETA」対応のプラグイン「Underside Cover」を、同社が運営するプラグインストアで公開した。

RICOH THETAは、2013年に発売されたワンショットで360°撮影できるカメラだ。2014年にはAPI/SDKを公開。2017年に発売された新モデル「RICOH THETA V」では、AndroidベースのOSを採用し、拡張性を高めている。

今回公開されたUnderside Coverは、360°画像の底面部に任意の画像を自動的に挿入することで、撮影時にカメラの真下にある三脚や手の映り込みを隠せるプラグインだ。スマートフォン用の基本アプリでプラグインを立ち上げることで起動でき、シャッターボタンで撮影できる。

RICOHのプラグインストアには、今回公開されたプラグイン以外にも、360°静止画にアニメーションを生成する「Animation Auto Framing」や、静止画を背景にモンスターを捕まえるARゲーム「360 Hunting Game」などのプラグインが用意されている。RICOHが開発したプラグインだけでなく、サードパーティ製プラグインも公開されているという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る