新しいものづくりがわかるメディア

RSS


A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場

レーザー加工機「Cubiio 2」が、Makuakeで注目を集めている。

Cubbio 2は、2017年8月にKickstarterに登場して即日目標額を達成した「Cubiio」の後継機だ。2020年8月にKickstarterでクラウドファンディングを実施し、最終的に1412人から185万ドル(約1億9200万円)以上の資金を調達した。そして今回、Kickstarterに引き続きMakuakeでのクラウドファンディングを開始した。

Cubbio 2の最大の特徴は半導体レーザーの採用により、ステンレスやチタンなど金属への刻印に対応したことで、包丁の名入れや木製3D組立キットの製作、革製品への文字入れなど、より幅広い素材に対応した。

レーザー出力は3.5/5.0Wのクラス1レーザー2種類から選択可能で、出力5.0Wの場合は最大5mm厚までの紙や布、段ボール、革製品、木材、アクリルなどを切断できる。Cubiioよりレーザーの高出力化を実現し、加工速度も5倍となった。

ワークエリアはA4サイズに近い30×22cmに拡大しており、本体サイズは約50×40×6cm、重量は6kgと軽量だ。さらにワークエリアを42×30cmに拡大した「Cubiio 2 Plus」も用意しており、こちらは本体サイズが62×49×6cm、重量は8kgとなっている。

使い方はまず、本体に加工したいものを置き、専用アプリで撮影。プレビュー画面で文字や絵を重ね、仕上がりイメージを決定してから加工する。アプリから直感的にプレビューでき、オートフォーカス機能なども搭載している。

一般販売予定価格はCubiio 2が29万円、Cubiio 2 Plusが44万7000円(価格は全て税別)。Makuakeでは早割プランを用意している。

Cubiio 2は2月24日までMakuakeでクラウドファンディング中だ。目標金額200万円に対し、1月18日の時点で1500万円以上を集めており、2021年5月末までの発送を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  4. 産業用パソコンを手軽にIoT化——ソラコム、「SORACOM Onyx LTE USBドングル」発売
  5. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  6. スイスの企業がハイブリッドeVTOL/eSTOLのプロトタイプを開発
  7. micro:bitで小型モーターを回そう——RSコンポーネンツ、「DFRobot 開発キット」発売
  8. 最高時速620km——中国が新型リニアモーターカーの試作機を公開
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る