新しいものづくりがわかるメディア

RSS


果菜類の植物工場、完全自動栽培を目指すHarvestX、総額5000万円の資金調達を実施

HarvestXは、独立系ベンチャーキャピタルANRI、東京大学協創プラットフォームが運営するオープンイノベーション推進1号投資事業有限責任組合(AOI1号ファンド)から、総額5000万円の資金調達を実施した。

photo

食料問題や農業人口の不足、また昨今のコロナウィルスによる食の衛生面、安全に対する関心の高まりとともに、植物工場市場が注目されている。レタスなどの葉物類の植物工場が展開を広げる一方で、果物類はミツバチを媒介とした虫媒受粉に多くを依存しており、受粉収穫の不安定さ、飼育管理のコストが課題だ。同社は、ミツバチに代わる手段としてロボットを活用した授粉、収穫技術の開発に取り組み、現在はイチゴを対象に受粉から収穫までの栽培の完全自動化を目指している。

同社は、東京大学が主催する本郷テックガレージの支援プログラムにて立ち上げ、South by Southwest(SXSW)のTrade Show出展を目指すTodai To Texasや未踏IT人材発掘・育成事業を通じて、ロボットによる授粉、収穫技術の基礎となるプロトタイプの開発を推進してきた。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る