新しいものづくりがわかるメディア

RSS


慶應義塾大学SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボとno new folk studioがフェイズフリーなフットウェアを共同開発

慶應義塾大学SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボとno new folk studioは、3Dスキャン技術と3Dプリント技術を用いたセンサー内蔵フットウェアを共同開発した。

このフットウェアは、平時と災害時のような有事という社会のフェーズ(時期や状態)を取り払い、普段利用している商品やサービスが、災害時にも自然かつ適切に使えるようにする「フェイズフリー」のコンセプトに基づいて開発された。

災害が起きた際、靴にはしゃがんで紐を結ばなくてもすぐに履け、かつ長距離歩いても脱げないことや、がれきや危険な破片を踏む際にもけが無く安全に歩ける厚みがあるといった要件が求められる。

両団体は個々人の左右の足の型を3Dスキャン装置によって読み取り、その形に合わせて3Dプリンターで一品生産する技術により、これらの要件を満たす靴のデザインと製法を共同で開発した。災害時のみならず平時の散歩などで日々使用されることを促すために、色のカスタマイズや、靴底曲面形状の個別指定も可能だ。

フットウェアは接着剤や縫製を一切使用せず、完全に単一素材のみで制作できるため、使用後も廃棄せずに回収して、材料を100%リサイクルすることが可能だ。

no new folk studioは、センサーモジュールを埋め込んだスマートシューズ「ORPHE」シリーズを展開しており、センサーモジュールを埋め込むことで、日々の散歩の状態を歩容データとして蓄積する。今回3Dプリントによる製法が確立されたことで、蓄積した歩容データを分析して、また次なる靴のデザインへ反映させる可能性も開けたという。

今回のフットウェアは、慶應義塾大学と鎌倉市が共催した「データウォーク@かまくら」ワークショップ(2020年12月~2021年2月)で実際に市民に利用され、初期的なユーザーテストを実施した。ここで得たコメントや経験をもとに改良を続け、今後も、データ活用や防災関連の様々なワークショップへ展開し、フェイズフリーの概念を具現化する歩行体験を提供していく。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る