新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」

コインサイズの大きさに12種類の機能を搭載したArduino互換ミニコンピュータ「Pocuter」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Pocuterは、小型基板にフルカラーOLED、32ビットマイコンATSAMD21G18A、Wi-FiおよびBluetooth内蔵のESP32、MicroSDカードスロット、プログラマバブルボタン×3、マイク、加速度計、温度センサー、光センサー、RGB LED、充電モジュールを搭載。基板サイズは26×23mmで、バッテリーとケースを含めても厚みは約11mmに収まる。

photo

内部メモリはフラッシュメモリが256KB、SRAMが32KB。最大512GBのMicroSDカードからArduinoスケッチや画像をロードすることもできる。

ディスプレイは0.95インチ、96×64ピクセル、16ビット表示で、例えば25fpsのライブレンダリングも可能。専用APIを利用すると時間や天気、Twitterなどの情報を表示できる。

photo

OSとしてPocuter OSを搭載し、ライブラリや開発キット、専用クラウドやアプリストアも用意する。microUSB経由で充電可能で、音声コマンドや自動ウェイクアップ機能を搭載したスマートウォッチや、自転車用スピードメーターなどのDIYも可能だ。

photo

早割価格は39ユーロ(約5100円)。出荷は2021年12月の予定で、日本への送料は9ユーロ(約1200円)だ。

Pocuterは、2021年9月19日までクラウドファンディングを実施中。9月9日時点で、1万2000ユーロ(約156万円)の目標額を大きく上回る約10万ユーロ(約1360万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  3. 発電量を2倍に——逆回転デュアルタービンホイールを利用した波力発電システム
  4. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  5. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  6. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  7. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  8. 8K解像度の光造形方式3Dプリンター「Sonic Mini 8K」
  9. なななっ!! なんと、イカに骨!? 3Dプリントによる架空の骨格標本、Twitterで話題に
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る