新しいものづくりがわかるメディア

RSS


水素を燃料にする電気推進式旅客機「ELEMENT ONE」

シンガポールのHES Energy Systemsが開発中の「Element One」は、超軽量燃料電池と分散型電気航空推進システムを装備した乗客4名のリージョナル航空機だ。航続距離は、燃料の貯蔵形態(気体/液体)によって500~5000km。HESは、バッテリー式電動航空機とは桁違いの航続距離だとしている。

Element Oneは、着脱可能な超軽量燃料電池推進システム「AEROPAK-XL」を装備している。推進機構を分散型とすることでモジュール性が高まり、冗長化により安全性も向上する。AEROPAK-XLは、水素タンク、発電機構、電気制御機構を一体化したもので、重量エネルギー密度は500Wh/kg。燃料補給には10分もかからないという。

乗客数が限られているため、HESはElement Oneのマーケットとして、不定期の地域コミュートや、地方における空飛ぶタクシーなどを想定しているようだ。HESは、2025年までにElement Oneの初飛行可能なプロトタイプを製作したいとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  4. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  5. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  10. 加工エリアは無限大——折り畳み可能なポータブルレーザー加工機「Optic」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る