新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レースドライバーを事故から守るロールケージを超低気孔率アルミ合金粉末で積層造形

3Dプリンティング用材料およびソフトウェアの開発を手掛ける米Uniformity Labsは、ソーラーカーレース参加車両に搭載するロールケージを、同社が開発したアルミニウム合金粉末を用いて金属積層造形機で作製した。

「Bridgestone World Solar Challenge(BWSC)」は、オーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの約3000kmをソーラーカーで走破するレース。Uniformity Labsは、このレースに参加する車両用に設計されたロールケージを独SLM Solutionsの金属積層造形機「SLM280 2.0」で製造した。

ロールケージとは、事故による横転などから車両内部のスペースを確保し乗員を保護するためにレースなどの競技車両に取り付けられるフレームだ。Uniformity Labsは、同社の超低気孔率アルミ合金AlSi10Mg粉末を材料に使い、デュアルレーザー金属積層造形機であるSLM280 2.0でロールケージを製造した。

カーエンジニアリングチームはトポロジー最適化技術を用いて部品を設計し、材料の使用量を減らして部品を軽量化しつつその強度を確保した。ロールケージは積層ピッチ30μmで造形され、クラス最高の機械的特性を備えており、優れた表面仕上げになっているという。

Uniformity LabsのCEOであるAdam Hopkins氏は、「当社の超低気孔率アルミ合金とプリントプロセスにより、カーエンジニアリングチームは要求される重量と安全性を満たす優れた部品を迅速かつ安価に作製することができた」と語り、「ロールケージ製造に使われたプロセスやそのメリットを、航空、自動車、家電などの主流産業で使われる複雑な部品の製造に、どれほど応用できるかは容易に理解できるだろう」と述べている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る