新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表

TAG

新製品 3Dスキャナ

中国のSHINING 3Dは、青色レーザーを使ったハンディー3Dスキャナーの新製品「FreeScan UE Pro」を発表した。

FreeScan UE Proは、これまでの「FreeScan UE」と同様、高精度かつメトロロジーグレード(寸法検査レベル)の3Dスキャナーで、精度は0.02mm。軽量かつ人間工学に基づいたデザインで、大きさは298×103.5×74.5mm、重さは840gだ。

FreeScan UE Pro

3つのスキャンモードを備え、大型の物体を素早くスキャンするクロスレーザーライン26本、細部をスキャンする平行レーザーライン5本、穴や狭い部分をスキャンするレーザーライン1本の合計32本のレーザー光源で構成する。レーザークラスは、意図的にビームを凝視しなければ裸眼でも安全とされるクラスⅡだ。黒い表面や光沢のある表面もスキャン前のスプレーなしでスキャンできるようだ。

FreeScan UE Pro

フォトグラメトリー(写真測量法)モジュールも内蔵し、基準点を設定しなくても対象物の空間位置を決定しやすくしている。

スキャン速度185万点/秒、最大スキャン範囲は600×550mm、スキャン深度は170~680mmだ。動作温度は-20~40℃。CE、FCC、ROHS、WEEE、KC認証を取得している。

FreeScan UE Pro

スキャンデータは「Geomagic Control X」、「Geomagic Design X」、「Verisurf Inspect」といった主要なソフトウェアにワンクリックでインポート可能で、ワークフローを効率化できる。ソフトウェア更新時の通知機能やOTAアップデートにも対応する。

「フォトグラメトリーは大型物体の3Dスキャンにおいて重要な役割を果たしており、高い精度を保証する。当社は、FreeScan UE Proでレーザーとフォトグラメトリーの力を融合させており、大規模な3D検査やリバースエンジニアリングに適した、非常に効率的なオールインワンソリューションを提供している」と、同社の工業製品プロジェクトマネージャーであるSunny Wong氏は説明する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る