新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「小学生ロボコン2022-23」公式スターターキット「ユカイな乗りものロボットキット」、ユカイ工学が発売

ユカイ工学は2022年9月29日、「小学生ロボコン2022-23」に向け、公式のロボット作りスターターキット「ユカイな乗りものロボットキット」を販売開始した。

小学生ロボコン2022-23は2022年秋から冬にかけて、各地での連携予選会やオンライン予選会、2023年3月には東京で「全国大会」が企画されている。

同社は2020年に開催された「小学生ロボコン2020」から大会へ全面的に協力しており、大会予選公式キットとして「ユカイな生きものロボットキット」(2019)、「ユカイなぼうけんクラフトキット」(2020)、拡張パーツ「ばんのうジョイント」(2021)を開発してきた。

今回発売されるロボットキットの最大の特徴は、さまざまな部材や部品の取り付けが可能な「ばんのうジョイント」だ。

ばんのうジョイント(写真の透明な板)には結束バンドやモーターなどがはめられる穴が設けられている。 ばんのうジョイント(写真の透明な板)には結束バンドやモーターなどがはめられる穴が設けられている。

ばんのうジョイントに設けられた穴に結束バンドやモーターなどを差し込める仕組みで、素材の組み合わせ次第で面白い動きや大きなロボットを作成できる。段差を乗り越えたり、ボールを運んだり、ピンポン玉を飛ばしたりと、1つのキットでさまざまな動きを表現できる。

ばんのうジョイントと両面テープ、付属の材料(プラ段ボール)には、一度剥がして貼り直しやすい材料を採用。取り付ける場所や向きを間違えても修正が容易なため、改良を重ねられる。

必要な道具はハサミだけで、ロボット作りの経験がなくても気軽に挑戦できる。また付属のピンポン玉を飛ばして的に入れる、あるいは転がして目的地まで運ぶといった、「目的を持ってロボットを動がす」というロボット競技の基本を体験できる。価格は5500円(税込)だ。

製作例:左から、2輪走行できるロボット、ピンポン玉を飛ばせるロボット、ヘリコプターのようにプロペラが回るロボット 製作例:左から、2輪走行できるロボット、ピンポン玉を飛ばせるロボット、ヘリコプターのようにプロペラが回るロボット

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る