新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インフィニオン、IoTセンサープラットフォーム「XENSIVコネクテッドセンサーキット」発売

インフィニオンテクノロジーズは、IoTシステムの迅速な試作、開発を可能にするIoTセンサープラットフォーム「XENSIVコネクテッドセンサーキット(CSK)」を発売した。

photo

CSKは、高度な処理能力と高い電力効率を両立させたPSoC 6 マイクロコントローラーとXENSIVセンサーで構成され、セキュアなコネクティビティが可能なOPTIGA Trust Mが用意され、クラウドへの接続が可能だ。

基板設計はArduino互換のAdafruit featherのフォームファクターと互換性があり、さまざまなセンサーを搭載したバッテリー駆動のスマートホームアプリケーションなどの試作や開発ソリューションが実現できる。すべてのコンポーネントに対してマイクロコントローラー開発環境ModusToolboxが用意され、開発ツール、コードサンプル、ライブラリが付属する。

さらにAWS上のクラウドアーキテクチャをバックエンドとするユーザーインターフェースの一例であるインフィニオンセンサークラウドダッシュボードは、マルチデバイスに対応し拡張性を備えている。CSKは、AWS IoT Coreのようなクラウドサービスへのセキュアで信頼性の高いコネクティビティを備え、クラウドプラットフォームとのメッセージの公開や設定などに使用できる。

photo KIT_CSK_PASCO2

CSKのCO2濃度測定「KIT_CSK_PASCO2」と、存在検知/バイタルセンシング「KIT_CSK_BGT60TR13C」などは、 AWS Partner Device Catalogの環境センサーバリアントに認定されている。

KIT_CSK_PASCO2は、PSoC6 MCUとWi-Fi/Bluetooth5.0準拠のコンボ無線モジュールを搭載した「Rapid IoT connect developer kit」と、「DPS368気圧センサー」と「XENSIV PAS CO2センサー」を搭載した「PAS CO2 wing」から構成される。

photo KIT_CSK_BGT60TR13C

KIT_CSK_BGT60TR13Cは、Rapid IoT connect developer kitと、60GHzのレーダーセンサー「XENSIV BGT60TR13C」とDPS368気圧センサーを搭載した「BGT60TR13Cwing」から構成される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る