新しいものづくりがわかるメディア

RSS


モバイルバッテリーで動く——ポータブルな光造形方式3Dプリンター「TinyMaker」

手のひらサイズの光造形方式3Dプリンター「TinyMaker」がKickstarterに登場し、開始5日で10万ドル(約1470万円)を超える資金調達に成功している。香港のスタートアップによるオープンソースプロジェクトで、手頃な価格で誰もが簡単に扱える3Dプリンターの提供を目指す。

photo

TinyMakerは、片手で簡単に持ち運びができ、場所や時間に制約されないコンパクトかつ軽量な3Dプリンター。ビルドプレートを上昇させながら造形するボトムアップ方式を採用しており、本体カバーは透明なため造形プロセスを確認できる。

photo

ビルドプレートはひとつのネジで固定されており、レジンタンクまで下げてネジを締め直すだけでレベリングが可能。フルメタルデザインで多様なレジンに対応でき、レジンタンクのケースはガスケットでシーリングするため、レジンの流出や臭い漏れを防ぐ。

photo

本体サイズは100×115×155mmで重さは600g。最大造形サイズは30.6×40.8×60mmで解像度は240×320、レイヤーの高さは0.05か0.1mmだ。サードパーティ製レジンに対応し、データ入力はMincro SDカードを使う。入力電圧は5V(2A)で消費電力は6Wと小さく、モバイルバッテリーで動作可能だ。ソフトウェアはChitubox、PrusaSlicerに、OSはWindows、Mac、Linuxに対応する。

photo

TinyMakerは、今なら数量限定の早割価格109ドル(約1万5000円)で入手でき、通常30ドル(約4200円)の洗浄/硬化ステーションが無料で付属する。2022年11月の出荷を予定しており、日本へのおおよその送料は20ドル(約2800円)になる。

TinyMakerは、2022年11月19日までクラウドファンディングを実施中。11月14日時点で、7万8500香港ドル(約139万円)の目標額を大きく上回る約140万香港ドル(約2500万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る